国連、グテレス事務総長の続投承認 「突破口を開く」(写真=ロイター)

国連、グテレス事務総長の続投承認 「突破口を開く」

2021/06/18 17:36:00

国連、グテレス事務総長の続投承認 「突破口を開く」

【ニューヨーク=白岩ひおな】国連総会は18日、年末で任期切れを迎えるグテレス国連事務総長の2期目の再任を全会一致で承認した。2期目の任期は2022年1月~26年12月までの5年間。グテレス氏は演説で「完全な危機に陥るか、全ての人に安全でよりよい未来を実現できるかの岐路にある」とし、気候変動対策やジェンダー平等、人権保護などで「前向きな突破口を開けるよう全力を尽くす」と語った。新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染拡大によって「各国が共通して抱える脆弱性と、相互につながりを持ち、一丸となって取り組むことの絶対的な必要性が明らかになった」と指摘した。直面するさまざまな課題に対処するため、国家間の信頼醸成の橋渡し役を務める考えを示した。グテレス氏は1995年から02年までポルトガル首相を務めた経験を持つ。05年6月から15年12月まで国連難民高等弁務官として難民危機への対処にあたった。17年1月から国連事務総長を務めている。8日に再任を推薦する決議が安全保障理事会で採択され、事実上続投が決まっていた。2期10年を務めるのは通例だが、事務総長の人選は拒否権を持つ安保理の常任理事国が決定権を握る。

大谷翔平が6勝目 2カ月負けなし - Yahoo!ニュース メダルかじった市長 選手ら非難 - Yahoo!ニュース BBQ中に突如現れたクマ ネコが毅然と立ち向かい飼い主守る ロシア - ライブドアニュース

シンクタンク、国際危機グループ(ICG)のリチャード・ガウエン氏は現在の1期目の評価について「トランプ前政権との関係管理が最大の試練だった」と振り返る。米国第一主義を掲げたトランプ政権は国連人権理事会、国連教育科学文化機関(ユネスコ)などの国連機関から脱退し、国連を舞台とする国際協調に背を向けた。だが、グテレス氏はトランプ政権が推し進めようとしていた国連予算の削減については再検討するよう米国を説得し、機関を弱体化させる予算削減を回避した。ガウエン氏は「トランプ氏による国連へのダメージを抑えるのに成功した」と指摘する。

一方、グテレス氏は国連予算への拠出が高い国々への配慮などから、人権や紛争解決の分野で及び腰になっているとの指摘もある。中国の新疆自治区の少数民族ウイグル族の問題やサウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏殺害事件などをめぐり、厳しい対応を取らなかった。 続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

その通学路、安全ですか? | NHK

中国に行ったときにふ〇ぞく接待を受けて恥ずかしい写真を抑えられたんだろうな。日本の度が過ぎた媚中な人たちもおそらく同類。世界の影響力ある人たちはハニトラに備えてほしい。 ここぞという時の中国贔屓。中国マネーに弱い。太刀打ち出来ない。 WHOの中国忖度おじさんはどうなるのかな?

正常化探るFRB議長、市場対話に「成功」(NY特急便)(写真=ロイター)米株式市場は今週最大のヤマ場を越えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を受けた16日、ダウ工業株30種平均など主要指数はそろって下落した。もっとも前日比の下落率は1%未満にとどまり、売りが売りを呼ぶ展開は回避できた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は金融政策の正常化に向けて、市場との対話に「成功」したようにみえる。「今回の市場反応はFRBにとって良い結果だったのでは」。米サス

[FT・Lex]FTC委員長に規制派、巨大ITの転機となるか(写真=ロイター)米巨大IT(情報技術)ほど規模が大きくても、1人の人間が違いをもたらすことはできる。米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、ツイート1つでビットコインの価格を動かした。米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOは、アマゾンの時給を引き上げて米最低賃金に上昇圧力をもたらしている。だがこの2人も、米連邦取引委員会(FTC)委員長に指名されたリナ・カーン氏にはか

GM、米でEV電池4工場に倍増 投資3.8兆円に(写真=ロイター)【ニューヨーク=中山修志】米ゼネラル・モーターズ(GM)は16日、2025年をめどに米国で電気自動車(EV)用の2つの電池工場を建設すると発表した。オハイオ州などで建設中の2工場に加え、リチウムイオン電池の生産能力を増強する。EVと自動運転技術への投資を25年までに総額350億ドル(約3兆8000億円)に3割引き上げる。韓国・LG化学と共同開発したEV用のリチウムイオン電池「アルティウム」を増 水素エンジンの方が環境に良い 頑張れ!水素エンジン

[FT]英国の金融業界調査、女性昇進阻む凡庸な男性(写真=ロイター)英国の金融業界で働く女性のキャリアは社内政治にたけた「凡庸な」男性中間管理職に阻まれることがある――ロンドンの金融街シティーの大手金融機関数社が支援する調査で、こんな結果が明らかになった。銀行・金融業界で働く女性を支援する団体WIBF と英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)が実施した調査は、今日では共感力が重要だと指摘しているが、男性の中間管理職は女性の部下を管理する際に共感して 凡庸な中間管理職は、優秀な若手の男性の昇進にも邪魔ですけどね。 ただ。。女性昇進を頑張りすぎると、 明らかに能力がない女性も昇進しちゃって、 部下も困るし、本人も困るんだよね。。 現在、最もわりを食っているのは、若手の男性ですよ。 フェミもほどほどに。

NYダウ続落で始まる 景気敏感株に売り(写真=ロイター)【NQNニューヨーク=戸部実華】17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4日続落して始まり、午前10時現在は前日比100ドル22セント安の3万3933ドル45セントで推移している。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2023年に2回の利上げ予想が示された。米連邦準備理事会(FRB)が想定よりタカ派の姿勢をみせたことで、景気過熱やインフレを見込んだ取引を手じまう動きが出た。景気敏感株が売られ

子育て支援の上位に欧州 ユニセフ、日本の育休評価(写真=ロイター)【ニューヨーク=共同】国連児童基金(ユニセフ)は17日、日本や欧米諸国など高所得国41カ国の子育て支援策を四つの視点から分析して順位付けした報告書を発表した。1位のルクセンブルクに北欧諸国が続き、8位までを欧州の国々が占めた。日本は総合で21位だったが「育児休業」の項目で1位となった。日本については、父親に認められている有給の育休期間が最も長いと指摘。取得率は低いものの、徐々に改善していると評