新型コロナウイルス, 新型コロナ・影響・対応・支援

新型コロナウイルス, 新型コロナ・影響・対応・支援

国内初の緊急事態宣言から1年 品薄となったマスクや消毒液は今 | NHKニュース

国内初の緊急事態宣言から1年 品薄となったマスクや消毒液は今 #nhk_news

2021/04/07 23:55:00

国内初の緊急事態宣言から1年 品薄となったマスクや消毒液は今 nhk_news

【NHK】国内で初めて緊急事態宣言が出された去年春ごろは、全国的にマスクや消毒液などが品薄となっていました。特にマスクは買い占めや…

厚生労働省は、一般のマスクの品薄状態が解消したのは7月末の段階だとしています。1か月平均のマスクの流通量は、去年の秋ごろのデータで、国内生産分が2億9000万枚と、感染拡大前の3倍以上、海外からの輸入量が14億枚と5倍以上になりました。国内全体の流通量は5倍近くに増加しているとしています。また、業界団体の「全国マスク工業会」によりますと、一般用のマスクを生産する国内メーカーは、この1年で少なくとも3倍以上に増え、確認できるだけで100社以上にのぼるということです。渋谷のドラッグストアでは東京 渋谷区のドラッグストアでは、去年の大型連休明けごろから仕入れが安定し、今では一部の商品を除いて、すぐに入荷できる状態だということです。

TDS大規模拡張プロジェクト 新テーマポート『ファンタジースプリングス』イメージ模型初公開 - ライブドアニュース 二階氏、東京五輪「無理ならスパッとやめなきゃ」 中止も選択肢 - ライブドアニュース 英スーパーでりんごを注文 代わりにiPhone SEが届き「ちょっと衝撃」 - ライブドアニュース

最近では、不織布で色や柄がついたマスクの人気が高いということで、この店舗の全体の売り上げの3割から4割がマスクで占められているということです。三千里薬品宇田川店の飯高宗久店長は「去年は開店前の行列などがありましたが、マスクの入荷が安定してからは、ほしい分だけを購入されるようになり、マスクの種類も増えました」と話しています。60代の女性は「去年は、とても買えないような価格で売っていて、それでも買わなければいけない、という状況でした。今では二重にマスクをしています」と話していました。アルコール消毒液は

経済産業省によりますと、マスクと同様に品薄となったアルコール消毒液は、国内の生産量がおととしの1か月平均で96万リットルでしたが、国内メーカーが設備を拡充するなどした結果、去年5月には600万リットルを超え、品薄の状態は解消に向かったということです。 続きを読む: NHKニュース »

観光牧場 新入社員が羊の毛刈りに挑戦 静岡 富士宮 | NHKニュース

【NHK】静岡県富士宮市にある観光牧場の運営会社が入社式を行い、新入社員が恒例の羊の毛刈りに挑戦しました。

マスクは意味なし! マスクを外せ! 早く目覚めろ日本人 ! コロナ茶番 マスク脳 PCR検索は意味なし!