暮らし・学び・医療, 学び・教育・入試, 新着

暮らし・学び・医療, 学び・教育・入試

国公立大の2次試験始まる 23万人が受験、倍率は2.9倍 | 毎日新聞

国公立大2次試験の前期日程が全国各地の大学で始まり、初の大学入学共通テストを受けた受験生が挑んでいます。

2021/02/25 5:10:00

国公立大2次試験の前期日程が全国各地の大学で始まり、初の大学入学共通テストを受けた受験生が挑んでいます。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が10都府県に発令される中、国公立大2次試験の前期日程が25日、全国各地の大学で始まった。169大学582学部に23万5403人が志願し、募集人員に対する倍率は2・9倍。大学入試センター試験の後継となる初の大学入学共通テストを受けた受験生が挑んだ。各大学はマスク着用

東京都文京区の東京大本郷キャンパスは、密を避けるため予定より早く開門。新潟県の高校に通う女子生徒(18)は… 続きを読む: 毎日新聞 »

「米議会を襲った父が恥ずかしい」 極右陰謀論者の家族の悩み - BBCニュース

ロビン・スイートさんはこの5年間、父親のダグラス・スイート被告が極右の陰謀論にのめり込んでいくのを心配していた。そして今年1月6日、米議会襲撃の現場で逮捕され、手錠をかけられている父親の写真を発見した。

国公立大2次、前期日程始まる 学習遅れに配慮も(写真=共同)国公立大2次試験の前期日程が25日、始まった。新型コロナウイルス感染拡大により首都圏などで緊急事態宣言が出ているなか、消毒や換気といった感染対策を講じた各大学で23万人超が試験に臨んだ。東京大の本郷キャンパスでは午前9時半ごろ、国語の試験が始まった。同大には約9千人が志願している。文部科学省の集計では、前期日程の志願者数は23万5403人で、倍率は2.9倍。合格発表は3月3日から10日まで。 一次試験よりも、二次試験の方が難しいですよ!🙄

国公立大の2次試験始まる コロナを考慮、一部で中止も:朝日新聞デジタル国公立大学の2次試験の前期日程が25日、始まった。新型コロナウイルスの感染拡大は収束していないが、大半の大学が予定通りに実施し、中止した大学は一部にとどまった。 首都圏などで緊急事態宣言が続くなか、…

りえさん手帖:筋トレ | 毎日新聞毎日新聞 2021年3月22日 東京朝刊 高須とつるむようになってからの西原さんの絵、汚くて不快です。

シャープ純利益3.9倍 21年3月期、巣ごもり需要がけん引シャープが11日発表した2021年3月期の連結決算は、純利益が前の期比3.9倍の532億円だった。新型コロナウイルス禍で巣ごもり需要により、高単価のテレビや空気清浄機などが売れた。テレワーク対応のタブレッ 今だけ 支那企業のシャープ。

校閲至極:/139 非常時で変わる「自粛」の意味 | 毎日新聞東日本大震災から10年。新型コロナウイルスによる新たな非常時の今。二つの難局の相似は言葉に表れます。例えば「自粛」という言葉の頻度を見てみましょう。 地域面を除く東京本社管内『毎日新聞』では、大震災の起こった2011年3月11日の前の1年間と比べ後の1年間は「自粛」の使用頻度が約3倍になっていま だから、個人的に控えてます 自粛の意味、わかりました。しかし、いまだに「粛」が書けない...........,,, 自粛だけじゃないって。どっかテレビで一旦使われると、どこもかしこも誰でも彼でもその言葉ばっかし。リバウンドも然り。言葉の使い方が馬鹿の一つ覚えになってるって💧あー耳障り。