外食や旅行に回復兆し 時短解除、感染予防との両立課題

Redirecting to full article in 5 second(s)...

東京や大阪で飲食店などへの営業時間短縮要請が25日解除され、経済活動の正常化を目指す動きが本格化する。新型コロナウイルスの感染拡大が一服し、外食・旅行業界の客足に回復の兆しも見え始めた。今後は感染対策と需要拡大を両立する「ウィズコロナ」経済へのシフトが課題となる。「やっと深夜まで営業できる」。東京・銀座のバー「ロックフィッシュ」店主の間口一就さんは胸をなで下ろす。緊急事態宣言が明けた10月から