理工系学生を争奪 大卒内定ヤオコー2.7倍、スズキ5割増

Redirecting to full article in 5 second(s)...

2022年度採用状況調査では、理工系の大卒内定者数が21年春の実績と比べて2年ぶりの増加に転じた。スーパーなど非製造業が伸びた。デジタルトランスフォーメーション(DX)などを担う理工系人材のニーズは高まっている。新型コロナウイルスの影響で学生の就職活動のスタイルも変わり、業種の垣根を越えた争奪戦が起きている。大卒文科系は0.2%減の4万1482人で5年連続のマイナスとなった。一方、理工系の内定