製造業の大卒内定者3年ぶり増 22年春入社、本社調査

Redirecting to full article in 5 second(s)...

日本経済新聞社が24日まとめた2022年度の採用状況調査で、主要企業の大卒採用の内定者数(22年春入社)は21年春入社数と比べて2.2%減となった。前回調査の11.4%減から改善し、製造業では3年ぶりのプラスとなった。半面、非製造業はマイナス圏が続き回復が遅れている。大卒と大学院修了を合わせた内定者数は10万9547人だった。グローバル化が進み世界経済の回復の恩恵をいち早く受ける製造業は、14