新興勢、家電・家具サブスクを先導 大手と連携拡大

Redirecting to full article in 5 second(s)...

スタートアップが家電や家具のサブスクリプション(定額課金)型サービスで攻勢をかける。レンティオ(東京・品川)は今後3年間で取扱在庫量を現状の4倍に増やす。高額商品を購入する前に、お試しで使いたい消費者の需要を掘り起こす。こうしたサブスク型の事業モデルにはシャープやニコンなど大手も関心を寄せており、ノウハウが豊富な新興勢と連携を深めている。レンティオはこのほど、日本GLP傘下のモノフル(東京・港