原油高騰、ガソリン価格以外も波及の恐れ 家計負担2.8万円増も | 毎日新聞

Redirecting to full article in 5 second(s)...

原油価格高騰の長期化への懸念が強まっている。燃料、原材料コストを通じて企業や農漁業者の収益を圧迫するほか、家計負担が年2万8000円程度増えるとの試算もある。政府は関係閣僚会議を開いて対応策の検討に乗り出したが具体策は乏しく、19日公示の衆院選に向けた国民や関連業界へのアピールの狙いもありそうだ。