「メルケル後」外交どうなる 慎重に見守る各国 ドイツ総選挙 | 毎日新聞

Redirecting to full article in 0 second(s)...

26日投開票のドイツ総選挙でメルケル首相が所属する中道右派のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が敗北、中道左派・社会民主党が第1党に躍り出たことを受け、主要各国の関心は今後の連立政権交渉の行方に移った。「メルケル後」の外交に変化が生じるのか、慎重に見守っている。