20代の1回目接種率47% 河野氏、年代別を初公表(写真=共同)

Redirecting to full article in 0 second(s)...

河野太郎規制改革相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの年代別の接種率を初めて公表した。1回目の接種率は20代が47%、30代が52%とおよそ半数だった。河野氏は「順調に若い世代の接種が進んでいる」と語った。22日時点の各年代の接種率を公表した。1回目の接種率が最も高いのは80代で93%に達した。40代は62%、50代は75%、12~19歳は37%となった。2回目の接種を終えた人