滋賀の山里に「幻の蕎麦」 関西グルメは多様性の鏡

Redirecting to full article in 0 second(s)...

まもなく新蕎麦(ソバ)の季節。滋賀県の伊吹山麓には食通を引き寄せる「幻の蕎麦」があります。古来、山岳信仰が盛んなこの地に修行僧らが栽培したとされる在来種が奇跡的に受け継がれました。脂が乗る秋から旬と言われるウナギ。大阪市内は焼き方などが異なる関西風と関東風の双方の店が味を競い合うのが特徴です。関西の文化・社会の多様性が食材や味付けに豊富なバリエーションをもたらしました。