自民党総裁選 各候補の省庁新設・再編論の「本気度」を問う | 毎日新聞

Redirecting to full article in 0 second(s)...

17日に告示された自民党総裁選(29日投開票)で注目を集めているのが、4候補が打ち出す中央省庁の新設・再編案だ。自身の掲げる政策を分かりやすくアピールする狙いとみられるが、25年前の「橋本行革」で省庁再編論議に携わった明治大公共政策大学院の田中秀明専任教授(経済政策)は「本気度が感じられない」と切