妻が海外赴任、即「同行!」 キャリア形成は夫婦一緒に

Redirecting to full article in 0 second(s)...

2018年2月の夜、帰宅途中に妻からかかってきた電話は、切羽詰まっていた。「マレーシアへの赴任が決まりそう。進めてもいい?」。期間は2年だという。頭が真っ白になったのも一瞬のことで、京都市内で機械メーカーに勤めていた青野宏希さん(32)は「仕事は何とかして一緒に行く」と即答していた。青野さんの妻、有輝子さん(30)が働くのは外資系のIT(情報技術)関連会社。アジア全体を統括するマレーシアへの