味の素、うま味データで変革 がん予防など医療に生かす

うま味調味料の主成分、アミノ酸でヘルスケア部門を開拓。味の素は食品で蓄えたデータを認知症やがん予防に生かします。アプリを通じて消費者と直接つながり、将来はオーダーメード食品の提供もめざす考えです。

2021/06/24 6:55:00

うま味調味料の主成分、アミノ酸でヘルスケア部門を開拓。味の素は食品で蓄えたデータを認知症やがん予防に生かします。アプリを通じて消費者と直接つながり、将来はオーダーメード食品の提供もめざす考えです。

味の素はうま味調味料の主成分のアミノ酸を核に事業変革を急ぐ。食品で蓄えたデータを生かし、認知症やがんの予防などヘルスケア分野を開拓する。大量生産・大量消費型の食品ビジネスは曲がり角を迎え、個人に合った食の提供も目指す。創業から培ってきたデータで企業の姿を変える。人の体のたんぱく質は20種類のアミノ酸でできている。味の素は1909年に発売したうま味調味料「味の素」からアミノ酸の研究を進めてきた。

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

照ノ富士の横綱昇進正式決定 令和初 横綱誕生は4年半ぶり | NHKニュース

【NHK】日本相撲協会は21日、都内で臨時の理事会を開き、大相撲名古屋場所で好成績を挙げた大関・照ノ富士の横綱昇進を正式に決め、第…

家の近くの焼き鳥屋の親父、外車買いました。趣味でやってる喫茶店の店主、毎日風俗行ってます。スナックのママ、越境どころか海外旅行に出発。バーのマスター、今年1日も働かなくて2店目出店 これが5兆円以上・1店舗1100万円・1ヶ月120万円の飲食店の、時短協力金8割の使い道 国民一人10万以上負担