去年一時 医療体制ひっ迫した東京 墨田区 “第4波”へ備え急ぐ | NHKニュース

  • 📰 nhk_news
  • ⏱ Reading Time:
  • 20 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 11%
  • Publisher: 63%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

去年一時 医療体制ひっ迫した東京 墨田区 “第4波”へ備え急ぐ nhk_news

新型コロナウイルスの感染が再拡大し、“第4波”とも言われる中、東京 墨田区では、診療や検査の希望者が第3波の2倍に増えた場合を想定し、医療体制を整備するとともに、変異ウイルスについても、区独自の検査体制を増強するなど対策を急いでいます。こうした中、“第4波”では、PCR検査や診療などの希望者が第3波の2倍に増えることを想定し、病床の確保や検査体制の増強を進めてきました。これによって、第3波では診療や検査の希望件数は1日あたり360件が最も多いピークでしたが、2.

子どもをクリニックに通わせている30代の女性は「自宅から遠い病院で検査をすることになると、子どもを連れて行くだけでも大変なので、近所のかかりつけ医で相談して検査もできるのはとてもありがたいです」と話していました。 佐々木美和院長は「かかりつけの患者にも、もしもの時に備え、安心してもらえています。大きな病院は重症者の対応をしなければならない中、症状の軽い患者の診察などを私たちが行うことで、医療崩壊を防ぐ手助けにもなれるのではないかと思っています」と話していました。民間の検査会社「メディカル・コンシェルジェ」では、区からの依頼を受けて、19日から区内の高齢者施設でのモニタリング検査などに合わせて変異ウイルスの検査を担っています。疑いが分かった時点で区の保健所に報告が行われ、例えば、入院時に変異ウイルスの患者として病室を分けるなどの対応につなげることができるということです。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

逼迫ね

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 22. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し