原子力規制委 処理水放出に向けた新たな装置を公開で安全審査へ | 毎日新聞

原子力規制委 処理水放出に向けた新たな装置を公開で安全審査へ

2021/04/14 18:22:00

原子力規制委 処理水放出に向けた新たな装置を公開で安全審査へ

約2年後の海洋放出が決まった東京電力福島第1原発の処理水について、原子力規制委員会は14日、放出に向けて新たに整備される装置の安全審査を公開で開くことを決めた。また、放出した場合、風評が広がらないよう、海水の放射性物質の検査を強化する方針を確認した。

放出に当たり、東電はアルプスなど既存の設備を使うものもあるが、配管や排水に異常がないか監視する装置などは新たに整備する。このため、規制委は公開の安全審査で透明性を確保し、排水装置の信頼を高めることにした。装置の整備や審査には2年程度がかかるとみられる。一方、規制委はこれまでも福島第1原発周辺の海水の検査をしてきたが、国の基準以下になっているか確認するのが目的だった。約2年後に放出される場合、精度を上げたり対象の地域を広げたりして検査を強化する。具体的な検査方法は今後、関係省庁と連携しながら検討していく。【塚本恒】

聖火リレー 隊列の関係者で初のコロナ感染確認 9日の佐賀県で | NHKニュース ENHYPEN日本デビュー決定 7・6リリース「BORDER:儚い」で - 音楽 : 日刊スポーツ 塩野義製薬 変異ウイルスに対応するワクチン開発に着手 | NHKニュース 続きを読む: 毎日新聞 »

故郷チェルノブイリを訪ねる旅 35年ぶりの我が家は… - BBCニュース

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故では、原発に最も近い人口5万人の街プリピャチを含め、原発を中心とする4000平方キロの地域に住む人々は避難を余儀なくされた。

原子力規制委 処理水放出に向けた新たな装置を公開で安全審査へ→時間や大金をかけて検査や審査をしてもそれは実施されたのねだけで海への処理水放水させるための説得にはならないかと考える。原発で使った処理水を海に流す事自体が国民に受け入れられない内容かと。追加タンク活用と再調整・検討へ。 嘘ばっかりついてきたから どうしても信用できない。