科学, 東京

科学, 東京

厄介者→人気者 水族館でクラゲブーム、展示方法も進化:朝日新聞デジタル

厄介者→人気者 水族館でクラゲブーム、展示方法も進化

2020/08/10 5:46:00

厄介者→人気者 水族館でクラゲブーム、展示方法も進化

クラゲ人気を背景に、東京都内の水族館で水槽のリニューアルが続いている。「新たな見せ方」で来場者を楽しませている。 すみだ水族館(墨田区)では、平皿のように広く浅い長径7メートルのクラゲ水槽「ビッグシ…

クラゲ人気を背景に、東京都内の水族館で水槽のリニューアルが続いている。「新たな見せ方」で来場者を楽しませている。すみだ水族館(墨田区)では、平皿のように広く浅い長径7メートルのクラゲ水槽「ビッグシャーレ」が7月16日にお目見え。アクリルを隔てず、上からクラゲを眺められるのが特徴で、「クラゲ(海月)の由来でもある『海中に浮かぶ月』のような姿を見られる」と同館。「美しく見える展示」も意識し、LEDで色とりどりに照らされながら、同館で生まれた約500匹のミズクラゲがゆらゆらと泳ぐ。中村雄介館長によると、数年前に行った来館者へのアンケートで、ペンギンについで人気だったのがクラゲだった。今回のリニューアルでは、クラゲエリアを2倍に拡張。繁殖も館内で行い、14種700匹のクラゲを展示する。

内村光良が4年連続紅白総合司会に内定、初の無観客開催“未知の紅白”を経験でリードする - ライブドアニュース 北海道ツアー客3人が感染 乗務員がチェックシートを見落とし - ライブドアニュース アニメ『鬼滅の刃』カンテレで地上波G帯レギュラー放送 視聴者の要望に急きょ編成 - ライブドアニュース

サンシャイン水族館(豊島区)では、7月9日にクラゲエリア「海月空感」がオープン。国内最大級となる横幅約14メートルの水槽「クラゲパノラマ」は見る人を囲むようにカーブし、視界全体がミズクラゲに覆われたような没入感を楽しめる。 続きを読む: 朝日新聞(asahi shimbun) »

陰謀論を広める「Qアノン」とは何か? 止める方法は? - BBCニュース

米フェイスブックは6日、「QAnon(Qアノン)」と呼ばれる極端な陰謀論に関連したすべての投稿を禁止すると発表した。BBCのロス・アトキンスがQアノンの特徴や、フェイスブックの決定の背景について説明する。

カブトガニの剝製 70年の時を超え、高校生が偶然発見:朝日新聞デジタル岡山県立笠岡高で、70年以上前に作られたと思われるカブトガニの剝製(はくせい)9体が見つかった。生徒が校内を清掃中に偶然見つけた。人知れず眠っていた郷土の宝に再び命を吹き込もうと、生徒有志が修復に挑… カブトガニ弁当かと思った

宝塚歌劇団、雪組でも1人感染 チケット前売り見合わせ:朝日新聞デジタル宝塚歌劇団は8日、梅田芸術劇場メインホール(大阪市北区)で公演予定の雪組公演の出演者1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。8日からのチケットの一般前売りは見合わせる。17日から25日までの公…

混雑なしの帰省シーズン 新幹線の乗車率、10%以下も:朝日新聞デジタルお盆の帰省シーズンが始まった。JR新大阪駅(大阪市淀川区)の新幹線ホームでは8日朝、新型コロナウイルスの影響で混雑はなく、車内は空席も目についた。例年のように大きな荷物を持った家族連れも少なく、土産… 夏の都会の雑踏とセミの音。ナレーション、音楽無し。 眺めてるだけで夏を感じる。ヴァーチャル・サマー。 Virtual Summer 【4K】東京お台場■夏バージョン■空撮360°パノラマ■google earth studio■Aerial world's largest city tokyo ODAIBA ある意味、3蜜が取れた移動が今はできるということか。

「好き」の思い大切に 鴻上尚史さんに聞く特攻とコロナ:朝日新聞デジタル「敵艦に体当たりしてこい」という上官の命令に逆らい、9回特攻出撃して9回とも生還した陸軍パイロットだった故佐々木友次(ともじ)さんの戦いを描いたノンフィクション『不死身の特攻兵』。著者の鴻上尚史さん… 軍隊をブラック組織とハナから断定してるあたりがいかにもサヨクで胡散臭い。特攻隊とコロナを同調圧力だけで結びつけるのも今の時期だからだろうが圧倒的に思慮が足りない。

やかんの水あかで食中毒 身近な危険、エコバッグも注意:朝日新聞デジタル大分県でやかんの水にスポーツ飲料の粉を入れて飲んだ高齢者13人が急性食中毒と断定された。やかんに付着した水あかから溶け出した銅が原因だったという。何が起きたのか。 食中毒が起きたのは、臼杵市の高齢者… 朝日新聞が一番身近な危険かと。。 まるで朝日新聞系列の記事と同じですね。 気を付けましょう。

長崎平和盆踊り、復活予定だったけど 「せめて…」:朝日新聞デジタル原爆投下の2年後から犠牲者の慰霊と荒廃した街の復興をめざして続けられ、10年ぶりに復活する予定だった長崎平和盆踊り大会が、新型コロナウイルスの感染拡大で中止になった。密集が避けられないとして追悼行事… 無責任の極み