南アの新変異株 感染研「注目すべき変異株」に位置づけ監視を強化 | 毎日新聞

南アの新変異株 感染研「注目すべき変異株」に 英政府の発表によると、既存のワクチンが効きにくく感染が急拡大する恐れがあります。

暮らし・学び・医療, 医療・健康

2021/11/27 1:00:00

南アの新変異株 感染研「注目すべき変異株」に 英政府の発表によると、既存のワクチンが効きにくく感染が急拡大する恐れがあります。

南アフリカ で新たに確認された 新型コロナウイルス の変異株について、国立感染症研究所は26日、「注目すべき変異株(VOI)」に位置づけ、監視を強化すると発表した。 この変異株は「B・1・1・529」系統に分類。25日時点で、 南アフリカ で77例確認され、一部の州で感染が急拡大している。他にもボツワナな

この変異株は「B・1・1・529」系統に分類。25日時点で、南アフリカで77例確認され、一部の州で感染が急拡大している。他にもボツワナなどで確認された。国内では検疫も含めて見つかっていない。感染研によると、ウイルスが細胞に感染する際の足がかりとなるスパイクたんぱく質に32カ所の変異がある。細胞への侵入のしやすさに関連する可能性がある変異もあるという。感染のしやすさや重症度、ワクチンや治療薬の効果への影響について「注視が必要」としている。感染研は感染性やワクチンの効果に影響する可能性のある変異株について、VOIに分類し、全遺伝情報(ゲノム)解析による監視などで警戒することにしている。

続きを読む: 毎日新聞 »

世界をスケートボードで駆け抜けるラフでクールなスケボーアクション『オリオリワールド』の新映像が公開。2月8日に発売予定 | 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?

Roll7とPrivate Divisionは1月26日(水)、スケートボードアクションゲーム『オリオリワールド』のシネマティックトレーラーを公開した。 続きを読む >>

ところで武漢ウイルスはどうなった? 反日反東京五輪親チャイナ勢力は、武漢ウイルスを記憶記録から消したがってる。 ここで海外渡航を禁止するぐらいしないと、せっかくここまできたのに今のまんまだと元の木阿弥。 コロナはもう勘弁でしょ??? ・ワクチンが効かない ・感染力が強い ・PCR検査で陽性になるまでの期間が長いので、検査をすり抜ける このニュースで株価が下がったぐらい不安要素があるらしい。心配 変異するRNAウイルスが、ワクチンによる抗体を回避するなんて、当たり前でしょう。今さら何を騒いでいるのか、不思議でしょうがないですな😌 毎日新聞 2021/11/27 南アの新変異株 感染研「注目すべき変異株」に位置づけ監視を強化

30以上もの変異を併せ持つ新型コロナの「新しい変異株」が発見される、「ニュー変異株」と呼ばれる見通し新しい 新型コロナウイルス の変異株が 南アフリカ で発見されたと報じられています。2021年11月26日のWHOの会合で「懸念される変異株」または「注目すべき変異株」に指定されるとみられているこの変異株は、デルタ変異株に見られる変異を含む非常に多くの変異を持っているため、ワクチンの効果の低下や重症化リスクの増加を招くおそれもあるとして、研究者らは警戒を強めています。 意図的に変異コロナを増やして、ワクチンを大量接種させて儲けるマッチポンプ💢😠💢

もっと社会人野球2021都市対抗:/17 北の青い炎となれ! 橋戸賞投手らが奔走 北海道ガス | 毎日新聞11月28日開幕の第92回都市対抗野球大会。出場全32チームの魅力を担当記者が伝えます。32回連載の17回目は札幌市・北海道ガス。創部4年目で本大会初出場を果たした背景には、北海道アマチュア野球界の危機がありました。<次回は26日午前11時公開予定>

パラスポーツを記者体験 競技としての楽しさの中に「協力する喜び」 | 毎日新聞今夏、世界中からアスリートが集まって開催された東京パラリンピック。日本選手団が計51個(金13、銀15、銅23)のメダルを獲得したこともあり、大いに注目を集めた。その選手たちの活躍を見るたびに、頭をよぎった。「パラスポーツってどこでやっているのだろう」「プレーは難しいのかな」。そこで私は、実際に競

関西スーパー、H2Oとの統合予定を12月15日に延期 仮処分受け | 毎日新聞関西スーパーマーケットは26日、エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの経営統合の手続き予定日を12月1日から同15日に延期すると発表した。神戸地裁が手続きの差し止めを命じた仮処分を22日に決定したため。関西スーパーは決定取り消しを求める異議を申し立てたが、高裁を含めた最終的な司法判断

記者の目:連合初の女性会長誕生 「ガラスの天井」破る好機に=明珍美紀(編集編成局) | 毎日新聞右手のこぶしを振り上げ、「団結がんばろう」と声を上げる労働組合の世界に、新たな潮流が生まれている。日本労働組合総連合会(連合)の新会長に10月、ミシン大手「JUKI」出身の芳野友子さん(56)が選出された。昨夏の小畑雅子・全国労働組合総連合(全労連)議長(62)の就任と合わせ、再編で誕生した労組の 性別なんかどうでもええ。 労働者連合なのに東京ではツイッターアカウントが与党公明党の候補を応援するメッセージ出したり、野党共闘を批判邪魔したり結果的に与党が得する事ばかりしてますよね? 本当に許せないというか困ったものです。 男性幹部達の傀儡会長でしょう。

中学生以下に年内5万円給付 政府、コロナ対策予備費で | 毎日新聞政府は26日、18歳以下の子どもに対する10万円相当の給付に関し、2021年度の 新型コロナウイルス 対策予備費から7311億円を支出すると閣議決定した。中学生以下に現金5万円を先行給付する財源に充て、年内に給付を始める。残りの5万円分や、高校生世代への10万円相当の経費は21年度補正予算案に1兆21 30兆円余ってたのはどうしたの? さっさと給付金支給してもらいたい。ありがたみが、だんだん薄れてきたように思う。