半導体、強まる国策依存 技術革新をはばむ恐れも(写真=AP)

2022/01/22 15:38:00
半導体、強まる国策依存 技術革新をはばむ恐れも(写真=AP)

半導体、強まる国策依存 技術革新をはばむ恐れも

半導体、強まる国策依存 技術革新をはばむ恐れも

産業の基盤となる半導体を巡って国家による誘致競争が激しさを増し、企業の投資が国策に左右されるようになってきた。米バイデン政権とインテルは21日、2兆円超を投じ米国内に新工場を設ける計画を共同で発表した。半導体不足が長引くなか、各国は先端半導体の自国生産を目指すが、過度な国策投資は産業のイノベーション創出をはばむ恐れがある。「米国の半導体分野で過去最大となる歴史的な投資だ」。21日、ホワイトハウ

続きを読む: 日本経済新聞 電子版(日経電子版) »

ペットボトルロケット高さ「世界新」 大樹で打ち上げ成功 東京の生徒ら:北海道新聞 どうしん電子版

【大樹】発達障害や引きこもりなどの若者が通うNPO法人翔和学園(東京)の生徒が2日、ギネス世界記録を目指し、手作りのペットボトルロケットを十勝管内大樹町の公園で打ち上げた。ロケットは高さ16メートル... 続きを読む >>

中国で民営化!アメリカで国営化!なんじゃ一体これは?🤔

米金利高一服、嵐の前の静けさか(NY特急便)(写真=AP)20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落し、終値は前日比313ドル安の3万4715ドルだった。一時は400ドル以上高くなる場面もあったが、取引終了1時間ほど前から相場が崩れた。目立った悪材料が見当たらないなか、米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め路線を警戒する投資家の不安心理が浮き彫りになった。この日は、最近の株安の主因となっていた米金利は上昇一服となった。米長期金利の指標に

米ロ外相、再会談の意向 安保提案「米が来週回答」(写真=AP)【ワシントン=中村亮、モスクワ=石川陽平】ブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相は21日、スイス・ジュネーブでウクライナ問題を巡って会談した。ラブロフ氏によると、ロシアが2021年12月に提案した欧州安全保障の合意案について、米国は来週回答する方針を示した。回答を待ち、米ロ外相は再び会談する意向とみられる。ラブロフ氏は会談後の記者会見で、欧州安保の新たな合意案に関して「来週、米国からの公式 ピラミッドの構図にしたがるからこうなるよね! フラットに行こうよ! マウンティングは良くないよ! 怖いね、何か第三次世界大戦の引き金が、、

米、欧州向けガス供給でカタールと協議 FT報道(写真=AP)米国はカタールなど天然ガス輸出国の間で、緊急時の欧州向けガス供給について協議に入った。ロシアがウクライナに侵攻し、ロシアから欧州に向かう天然ガスが途絶える事態に備える。液化天然ガス(LNG)の海上輸送用インフラを追加配備することが柱という。英フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版が日本時間22日に報じた。欧州は天然ガスを主にロシアからの供給に依存しており、パイプラインはウクライナなどを経由す ロシアからガス供給を受ける欧州は生活基盤にいつもリスクを抱えている へーそうなんですね。 ガス銘柄あんてろくん 保有してるので カタールとの協議良い方向にいけは いいな🍒 ありがとうございます🍒 アメちゃんが欧州の代わりにカタールと交渉。 欧州アホか?

新しい資本主義「私の選挙公約か」 バイデン氏が支持(写真=AP)岸田文雄首相は21日のバイデン米大統領とのオンライン協議で、個人的な信頼関係の構築に手応えを得た。2021年10月の電話協議で申し合わせた通り「ジョー」「フミオ」とファーストネームで呼び合った。互いの経済社会政策にも共感し合った。首相は協議で、格差や気候変動の問題を乗り越える自身の経済政策「新しい資本主義」を紹介した。バイデン氏は「私の選挙公約ではないかと思った」と冗談交じりに賛同した。首相 ちくしょうぅぅぅめぇぇぇぇぇぇぇ 新しい資本主義=高所得者と法人の増税 不人気同士の会話?新しい資本主義、資本主義は進化=変化するモノ、お前ら勉強しなおせ。🤬🤬🤬🤬🤬🤬🤬🤬🤬🤬🤬

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】山口すず夏 回転不足になりやすい人は左ツマ先を開いて体を回す回転不足になりやすい人は左ツマ先を開いて体を回す ドライバーがうまく打てないという人のスイングを見ると、ヘッドをボールに合わせにいっているケースが多いように思います。

3代目ミス夕刊フジ子・特別賞の籠巻絵美理がバニー役で舞台 「ウサギ戦隊バニー×バニー! ピンチ!裁判にかけられちゃった!」溝ノ口劇場で19日から上演3代目ミス夕刊フジ子で特別賞を受賞した籠巻絵美理=写真=出演の舞台「ウサギ戦隊バニー×バニー! ピンチ!裁判にかけられちゃった!」が、19日から23日までの…

産業の基盤となる半導体を巡って国家による誘致競争が激しさを増し、企業の投資が国策に左右されるようになってきた。米バイデン政権とインテルは21日、2兆円超を投じ米国内に新工場を設ける計画を共同で発表した。半導体不足が長引くなか、各国は先端半導体の自国生産を目指すが、過度な国策投資は産業のイノベーション創出をはばむ恐れがある。 「米国の半導体分野で過去最大となる歴史的な投資だ」。21日、ホワイトハウス.20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続落し、終値は前日比313ドル安の3万4715ドルだった。一時は400ドル以上高くなる場面もあったが、取引終了1時間ほど前から相場が崩れた。目立った悪材料が見当たらないなか、米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締め路線を警戒する投資家の不安心理が浮き彫りになった。 この日は、最近の株安の主因となっていた米金利は上昇一服となった。米長期金利の指標にな.ブリンケン米国務長官㊧は会談でロシアのラブロフ外相に緊張緩和を改めて訴えた(21日、ジュネーブ)=AP 【ワシントン=中村亮、モスクワ=石川陽平】ブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相は21日、スイス・ジュネーブでウクライナ問題を巡って会談した。ラブロフ氏によると、ロシアが2021年12月に提案した欧州安全保障の合意案について、米国は来週回答する方針を示した。回答を待ち、米ロ外相は再び会談する意向とみられる。 ラブロフ氏は会談後の記者会見で、欧州安保の新たな合意案に関して「来週、米国からの公式の書面回答を待つ」と述べた。書面回答の内容を検討した後に、米欧との協議をどう進めるか最終判断する考えを示した。 ラブロフ氏は次の米ロ協議について「我々のレベルになる」と述べ、再び外相レベルで話し合う意向も示した。その後の米ロ首脳会談開催の可能性にも触れ「プーチン氏はいつでもその用意がある」と指摘した。 緊迫するウクライナ情勢に関しては、東部紛争の停戦と和平に向けた15年のミンスク合意をウクライナ側に順守するよう「米国が影響力を行使する」ことを求めた。14年に続くウクライナへの再侵攻の可能性については「ロシアがウクライナ国民の脅威となったことはない」と否定した。 一方、ロイター通信によると、ブリンケン氏は会談の冒頭で「意見の違いをきょう解決できるとは思っていない」と述べ、対話による緊張緩和を改めて促した。 米欧はロシアに対して強力な経済制裁を警告し、ウクライナへの軍事支援も急ぐ。複数の米メディアによると、バイデン政権はバルト3国が米国製兵器をウクライナへ提供することを認めた。迅速にウクライナの自衛力を強化できる措置とみている。ロシアによる侵攻時には米国もウクライナへの武器提供を強化する方針だ。 それでもロシアはウクライナに対する軍事的圧力を緩めていない。米国務省高官によると、ロシア軍は1月中旬に隣国ベラルーシへ部隊を送った。ウクライナの首都キエフに近い北方からの侵攻ルートを確保しようとしている可能性がある。.米国はカタールなど天然ガス輸出国の間で、緊急時の欧州向けガス供給について協議に入った。ロシアがウクライナに侵攻し、ロシアから欧州に向かう天然ガスが途絶える事態に備える。液化天然ガス(LNG)の海上輸送用インフラを追加配備することが柱という。 英フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版が日本時間22日に報じた。.

... .