グリコ・マルコメのビーガン対応 定番も「脱動物性」

Redirecting to full article in 0 second(s)...

食品メーカーがビーガン対応製品の開発に乗り出している。江崎グリコの「プッチンプリン」などロングセラーのお菓子が卵・乳不使用の製品を投入、大豆を使用した肉代替製品もラインアップが拡充している。市場は拡大しているが、今後消費者にはどのように広がっていくのか。メーカーに話を聞いた。20~30代のミレニアル世代など若者を中心に、環境への負荷の大きい肉食を避ける傾向が強