日本武道館、殿堂誕生は敗北とともに

Redirecting to full article in 0 second(s)...

富士山の裾野に着想を得た流麗な大屋根に、法隆寺夢殿を思わせる八角形の構造。1964年東京五輪の開幕約1カ月前に完成した日本武道館(東京・千代田)の歴史は「敗北」とともに始まった。柔道が正式競技に認められた64年大会は、柔道界に全4階級制覇の使命が重くのしかかっていた。軽量級、中量級、重量級と順調に制した日本。最後の無差別級決勝で神永昭夫選手がオランダのアントン・ヘーシンク選手(ともに故人)に抑