上場企業、7社に1社が3カ月で上方修正 製造業回復

Redirecting to full article in 0 second(s)...

上場企業が業績の先行きに自信を持ち始めている。2021年4~6月期の決算発表時に年間の最終損益予想を上方修正した企業は製造業を中心に7社に1社に上る。わずか3カ月で見直したことになり、リーマン・ショックからの回復時を上回るペースだ。足元では世界各国で新型コロナウイルスの感染者が増えており、経済の本格的な再開が遅れれば業績予想の再修正を迫られるリスクもある。7月30日までに22年3月期の業績予想