助成金取り消しは「違憲」 映画製作会社が提訴へ

文化庁所管の独立行政法人「日本芸術文化振興会」(芸文振)が、出演者の不祥事を理由に映画「宮本から君へ」への助成金交付を取り消したのは違憲であり、違法であるとして…

8.12.2019

「日本芸術文化振興会」(芸文振)が、出演者の不祥事を理由に映画「宮本から君へ」への助成金交付を取り消したのは違憲であり、違法であるとして、製作会社「スターサンズ」が、芸文振に不交付決定の取り消しを求め、近く東京地裁に提訴します。

文化庁所管の独立行政法人「日本芸術文化振興会」(芸文振)が、出演者の不祥事を理由に映画「宮本から君へ」への助成金交付を取り消したのは違憲であり、違法であるとして…

文化庁所管の独立行政法人「日本芸術文化振興会」(芸文振)が、出演者の不祥事を理由に映画「宮本から君へ」への助成金交付を取り消したのは違憲であり、違法であるとして、映画の製作会社「スターサンズ」(河村光庸代表)が、芸文振に不交付決定の取り消しを求め、近く東京地裁に提訴することが8日、分かった。同社は「映画表現にとって重要な配役を理由とした不交付は憲法21条が保障する表現の自由の侵害にあたる」と主張している。

9月に芸文振は「公益性」の観点から交付を取り消せるよう要綱を改定。同社は「不交付を決定した時点では『公益性』の要件は要綱になく、裁量を逸脱している」としている。

続きを読む: 産経ニュース

日本の本職の裁判官は狂っているから どんな結果になるかわからないよ こういうのは、そろそろハッキリしといた方がいいね。 完璧を求め始めてブレーキが効かなくなってきてる。 これがまかり通るなら 不祥事起こした議員や党に 税金から金出さなくていいよな いかんいかん 安倍界隈の理論になっちまったw spica9ii おかしくないか⁈ 助成金交付の決裁権は「芸術文化振興会」にあるのに。まるでイチャモンだな。 代表作 ・新聞記者(イソコ ・ムサン日記~白い犬(監督パク・ジョンボム ・息もできない(監督・脚本:ヤン・イクチュン (ノ∀`)アチャー 助成金の交付元からのお伺いを拒否しておきながら、助成金だけはよこせとは横暴。

不適切な作品の排除も憲法ガーとほざく連中がいてできないのね😅 だったらネット配信やクラウドファンディングで金は集められるし、SNSで発信もできるんだから映画、映画祭、現代芸術の支援なんてやめれば良いだろアホくさい 不交付と、表現の自由は別問題だろ。 別に発表するなと言ってないし、 麻薬と補助金の兼ね合いは知らんけど、 何で公金が払われないと違憲になるのかさっぱり分からん。 憲法(典)にそんなこと書いてあったっけ? なんだこいつらも反日か 自己紹介というか 身バレというか 自己紹介と言うかw わかりやすく自白してくれて日本人にはありがたいわ 芸術への助成金なんて全部やめてもらいたい。

バカじゃないの? 表現の自由ナンチャラなら公金にたからず自分らの金でやれ。 愛知の件もそうだが芸術関係者がクレクレ乞食になったらお終い。

コメントを書く

Thank you for your comment.
Please try again later.

最新ニュース

ニュース

08 12月 2019, 日曜日 ニュース

前のニュース

和牛もブランド豚も“インスタ映え”も美味… 一人一鍋、おしゃれに楽しむ「しゃぶ笑」大阪・日本橋に2号店

次のニュース

京都の社長、同志社大卒9年連続トップ 近畿6府県でも2位に - 毎日新聞