国際宇宙ステーション、一時制御不能に ロシア実験棟が想定外のエンジン噴射

Redirecting to full article in 0 second(s)...

米航空宇宙局(NASA)は29日、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしたロシアの新しい実験棟「ナウカ」が想定外のエンジン噴射を行ってISSとの間で「綱引き」状態となり、一時的にISSの姿勢が制御できなくなったと発表した。