NYダウ反発、153ドル高 早期のテーパリング観測後退で

Redirecting to full article in 0 second(s)...

【NQNニューヨーク=古江敦子】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発し、前日比153ドル60セント高の3万5084ドル53セント(速報値)で終えた。米連邦準備理事会(FRB)が早期にテーパリング(量的緩和の縮小)に動くとの観測が後退し、株式市場に資金流入が続くとみた買いが入った。前日までに売られていた景気敏感株が買い直され、指数を押し上げた。FRBのパウエル議長は前日の米連