日本の社外取締役、報酬1500万円 主要国で唯一増加

Redirecting to full article in 0 second(s)...

日本で社外取締役報酬の水準が切り上がってきた。外資系コンサル会社のウイリス・タワーズワトソンによると主要企業の報酬額(中央値)は2020年度に1500万円と前年度から5%増えた。役割の拡大や人材不足を背景に日米欧の主要5カ国で唯一の増額で、水準も欧米に近付いてきた。また最高経営責任者(CEO)の報酬では米国が8%増の15億3000万円で、日本の8倍以上の水準だった。