イオン株、広がる理論株価との差 デジタルシフト焦点に

Redirecting to full article in 0 second(s)...

イオンの理論株価と市場の評価に開きが出ている。代表的な企業価値の分析手法である割引キャッシュフロー(DCF)法で試算すると、理論株価は3700円台後半になった。足元の株価から800円ほど高いが、手放しには喜べない。市場は会社の成長戦略を信じ切れておらず、年明け以降、差は埋まるどころか逆に広がっている。株価は2900円台後半で推移し、新型コロナウイルス感染拡大前からは3割高いが、年明け以降は軟調