余録:輝かしい物語として語られる1964年東京五輪でも… | 毎日新聞

Redirecting to full article in 5 second(s)...

輝かしい物語として語られる1964年東京五輪でも、開催反対や中止を求める声はあった。お祭り嫌いという作家の松本清張(まつもと・せいちょう)は「中止になる予感」を抱きつつ、「中止になったら、さぞ快いだろう」と記した▲そんな声が忘れられたのは、戦災から復興した日本がその内に「世界」を迎え入れた集合的体