東京五輪 出席なら批判も 開会式、自民議員も二の足 野党議員は「ステイホーム」 | 毎日新聞

Redirecting to full article in 0 second(s)...

東京オリンピックの開会式を23日に控え、出席を求められた自民党の国会議員が対応に苦慮している。新型コロナウイルスの感染者が急増する中、大会開催に批判的な声があることから出席に二の足を踏む議員がいる一方、五輪への思い入れが強い議員から「できれば参加したい」との声も上がる。多くのスポンサー企業が関係者