初代ウルトラヒロインが経験した、'初めてづくし'の特撮現場。いまも語り継がれる伝説のシーンを振り返る|Pen Online

2022/05/26 12:07:00
初代ウルトラヒロインが経験した、'初めてづくし'の特撮現場。いまも語り継がれる伝説のシーンを振り返る|Pen Online

【新着】初代ウルトラヒロインが経験した、'初めてづくし'の特撮現場。いまも語り継がれる伝説のシーンを振り返る

Culture, ウルトラマン

【新着】初代ウルトラヒロインが経験した、'初めてづくし'の特撮現場。いまも語り継がれる伝説のシーンを振り返る

現在、大ヒット上映中の映画『シン・ ウルトラマン 』。その世界をより深く理解するためにも、オリジナルのテレビ版「 ウルトラマン 」を改めてチェックしておきたい。作品に華を添えたのが、新しい時代の女性像を示すか...

Share:現在、大ヒット上映中の映画『シン・ウルトラマン』。その世界をより深く理解するためにも、オリジナルのテレビ版「ウルトラマン」を改めてチェックしておきたい。作品に華を添えたのが、新しい時代の女性像を示すかのように凛とした魅力を放ったヒロインだ。シリーズの原点「ウルトラQ」と、それに続く「ウルトラマン」の初代ヒロインを務めた桜井浩子さんに、当時の話を訊いた。桜井浩子●1946年、東京都生まれ。中学卒業後に東宝へ入社。61年に女優デビューし、『お姐ちゃん三代記』などに出演。66年に「ウルトラQ」「ウルトラマン」でヒロインを務める。以降、女優活動と並行し、円谷プロのコーディネーターとしても活躍する。

試行錯誤を繰り返した、カラー番組の制作舞台裏1966年1月から放送が開始され、空前の怪獣ブームを巻き起こした伝説の空想特撮番組「ウルトラQ」で新聞記者の江戸川由利子役として出演。続く「ウルトラマン」でも科学特捜隊のフジ・アキコ隊員を演じ、2作続けてシリーズのヒロイン役を務めた“初代ウルトラヒロイン”の桜井浩子さん。「所属していた東宝からオーディションに行かされたのが、当時できたばかりの円谷特技プロダクション。東宝撮影所の片隅にある建物で、監督の円谷一(はじめ)さんや梶田興治さんたちに面接してもらいました。17歳の頃です。後日、一さんになぜ私が選ばれたのかを聞いたことがあるんですが、その時の一さんの答えは『ロコはすっぴんにGパン姿だったからな』って(笑)。考えてみれば、オーディションにそんな格好で行く女優なんていないだろうし、逆にそういうところが天真爛漫で行動的なキャラクターの江戸川由利子にマッチしたのかもしれませんね」

続きを読む: Pen Magazine »

Level 4 Full-Stack Self-Driving System

Level 4 Full-Stack Self-Driving System 続きを読む >>

ブルガリ×ドゥカティのスポーティな限定ウォッチが登場!|Pen Onlineハイエンドなジュエリーやウォッチのメゾンであるブルガリと、独創的なデザインと革新的な技術を誇るバイクメーカーのドゥカティ。イタリアを代表する2大ブランドの美学と技術力が融合したコラボウォッチ「ブルガリ...

酒井麻衣|Daily Picks|Pen Online毎日更新!Pen注目のSNSアカウント | 酒井麻衣 | 映画、テレビドラマを始め、きゃりーぱみゅぱみゅやなにわ男子などアーティストのMVなども手がける注目の若手映像クリエイター。監督作品のMBSドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』が放送中。

気鋭のお茶目なフォトグラファー、チャド・ムーアの作品がアニエスベー渋谷店をジャック!|Pen Onlineかつてはライアン・マッギンレーのアシスタントを務め、次世代を担うフォトグラファーとして注目されるチャド・ムーアの写真展『The Start of Something』がアニエスベー渋谷店で始まった。キ...

ニューヨークの極上サウナは、“立ち入り禁止”の島にあった!|Pen OnlineNEW YORK ニューヨーク/アメリカPhoto by QC NYニューヨークハーバーに浮かぶ小さな島、ガバナーズアイランドに「QC NY」( 料金:一般平日88ドル~、土日祝100ドル~)というス...

木の香りとデザインに癒やされる、フィンランドの“新名所”とは?|Pen OnlineHELSINKI ヘルシンキ/フィンランド©LUONNOSヘルシンキ中心部に面し、美しい自然が広がるトーロ湾に1000人規模のイベントが開けるホール「Pikku-finlandia(ピック・フィンラン...

“日本人アーティスト”が参加した、東京オリンピック動画がブリティッシュアカデミー賞を受賞!|Pen Online英国アカデミー賞が4月にロンドンで開催され、BBC(英国放送協会)の東京オリンピックのトレーラーフィルムが、テレビジョン・タイトルズ・グラフィック・アイデンティティー部門で受賞した。この映像作品は、富...

画像提供:円谷プロダクション Share: 現在、大ヒット上映中の映画『シン・ウルトラマン』。その世界をより深く理解するためにも、オリジナルのテレビ版「ウルトラマン」を改めてチェックしておきたい。作品に華を添えたのが、新しい時代の女性像を示すかのように凛とした魅力を放ったヒロインだ。シリーズの原点「ウルトラQ」と、それに続く「ウルトラマン」の初代ヒロインを務めた桜井浩子さんに、当時の話を訊いた。 桜井浩子●1946年、東京都生まれ。中学卒業後に東宝へ入社。61年に女優デビューし、『お姐ちゃん三代記』などに出演。66年に「ウルトラQ」「ウルトラマン」でヒロインを務める。以降、女優活動と並行し、円谷プロのコーディネーターとしても活躍する。 試行錯誤を繰り返した、カラー番組の制作舞台裏 1966年1月から放送が開始され、空前の怪獣ブームを巻き起こした伝説の空想特撮番組「ウルトラQ」で新聞記者の江戸川由利子役として出演。続く「ウルトラマン」でも科学特捜隊のフジ・アキコ隊員を演じ、2作続けてシリーズのヒロイン役を務めた“初代ウルトラヒロイン”の桜井浩子さん。 「所属していた東宝からオーディションに行かされたのが、当時できたばかりの円谷特技プロダクション。東宝撮影所の片隅にある建物で、監督の円谷一(はじめ)さんや梶田興治さんたちに面接してもらいました。17歳の頃です。後日、一さんになぜ私が選ばれたのかを聞いたことがあるんですが、その時の一さんの答えは『ロコはすっぴんにGパン姿だったからな』って(笑)。考えてみれば、オーディションにそんな格好で行く女優なんていないだろうし、逆にそういうところが天真爛漫で行動的なキャラクターの江戸川由利子にマッチしたのかもしれませんね」 日本における特撮黎明期の記念碑的作品である「ウルトラQ」。その撮影では、実際にはいない、または見えない“モノ”に驚き恐怖する、「東宝の養成所でも習わなかった」特撮ならではの演技に苦労したと桜井さんは振り返る。だが、円谷プロ初のカラー番組となった「ウルトラマン」でも、またしても“初めてづくし”ならではの苦労もあったと苦笑する。 「実際の色がどんな風に映るのかカラーテストをするのですが、当時は基準がなく真っ赤に塗ったヤカンなどを使ってテストしていました。また、口紅など女性は男性より色彩の要素が多いでしょ。だから、私自身をカラーパターンにされちゃって(笑)。特に髪なんて『黒髪だと額縁みたいに映るから』と、2回も脱色させられました。確か、3日間くらいかけてカラーテストしていましたね」 さらに桜井さんを悩ませたのは、科学特捜隊のユニフォームだ。「スキーウエアの素材で伸縮性はあるんですが、ぴったりしすぎて身体のラインが出ちゃうのが恥ずかしかったですね。でも、私以上にキャップ役の小林昭二さんら男性陣から不評でしたね。だって、オレンジ色なんて当時の男性が着る色じゃないし、ズボンもぴったりくっついちゃっているから股間あたりが恥ずかしいんですって。でもね、なによりマムシ(毒蝮三太夫)さんは、あの格好が似合っていなかったですね(笑)」 モノクロだった「ウルトラQ」に対し、「ウルトラマン」の企画案でポイントとなったのが、カラーでの制作だった。科学特捜隊のユニフォームも、当時のカラー受像機での発色を考慮してアラートオレンジが採用された。桜井さんは「実は、素材が厚くて動きづらかった」と懐かしそうに振り返る。 ---fadeinPager--- .ブルガリ アルミニウム ドゥカティ 限定モデル。¥594,000(税込)。ラバー製のベゼルにはブルガリ・ブルガリのダブルロゴがあしらわれ、アイコニックでデザイン性の高いしなやかなストラップがセットされている。 ハイエンドなジュエリーやウォッチのメゾンであるブルガリと、独創的なデザインと革新的な技術を誇るバイクメーカーのドゥカティ。イタリアを代表する2大ブランドの美学と技術力が融合したコラボウォッチ「ブルガリ アルミニウム ドゥカティ 限定モデル」が、1000本限定で発売された。 「ブルガリ アルミニウム」は、アルミニウムとラバーの大胆な組み合わせと洗練されたデザイン、グラフィカルなブラック&ホワイトの色づかいが特徴のモデル。その文字盤を、ドゥカティのシグネチャーカラーである鮮やかな赤でカラーリングした。さらに、レブカウンターからヒントを得た3つのカウンターと、ドゥカティのバイクメーターを連想させるフォントのインデックスが、スポーティな印象をいっそう高めている。 また、100m防水のケースに毎時2万8800振動・1/10秒の高精度を誇るBVL130機械式自動巻きムーブメントを搭載。機能性にも優れている。 チタン製ケースバックにはDLCコーテイングを施し、ドゥカティのロゴとシリアルナンバーが刻印されている。自動巻き、アルミニウムケース、ケース径40㎜、パワーリザーブ約42時間、ラバーストラップ、100m防水、世界限定1000本。¥594,000 円 問い合わせ先/ブルガリ ジャパン TEL:03-6362-0100 Photo Gallery.映画、テレビドラマを始め、きゃりーぱみゅぱみゅやなにわ男子などアーティストのMVなども手がける注目の若手映像クリエイター。監督作品のMBSドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』が放送中。 2022.Share: 『The Start of Something』展示風景より 4月にスーパーラボより出版された新作写真集『Anybody Anyway』への掲載作品で、展示が構成されている。 かつてはライアン・マッギンレーのアシスタントを務め、次世代を担うフォトグラファーとして注目されるチャド・ムーアの写真展『The Start of Something』がアニエスベー渋谷店で始まった。キャットストリート側のファサードには、ブルーライトに照らされた瞳を撮影した『GEORGIA BLUE EYE』の大判プリントが貼り出され、外壁には新作写真集『Anybody Anyway』に掲載された作品をコラージュ。店内に足を踏み入れると、3階の展示会場へとさらに作品の数々が誘ってくれる。 外壁にコラージュされた作品。イメージは、ニューヨークのストリートを彩るポスターだという。 アニエスベー渋谷店3階が写真展『The Start of Something』会場。 20歳の頃からBMXのプロライダーとして活躍し、仲間のBMXライダーの撮影をするうちに写真に夢中になったというチャド。ケガで引退を余儀なくされたことでフォトグラファーへの転身を決め、ライアン・マッギンレーのアシスタントを2年ほど務めたのちに作品の発表を開始した。身近な友人たちを継続的に撮り続け、そのカラフルな画面に被写体との親密さを閉じ込めた表現が世界的に注目を集めている。 新作写真集『Anybody Anyway』を「covid前と後の世界の探究」だとチャドは表現する。拠点とするニューヨークはコロナ禍で極度の外出制限が実施され、それまで日常的に行ってきたポートレイト撮影ができなくなった。その期間には、夜空の写真を自宅から「ポートレイトのように」撮影を続け、新作写真集は、未公開のアーカイブとコロナ禍を経て撮影を再開した友人たちのポートレイト、夜空を収めたナイトスケープで構成されている。展示についてチャドはこう話す。 「最初のイメージとしては、東京のストリートの壁にポスターを貼り付けるように自分の写真を展示するインスタレーションを考えた。ちょうどアニエスベー渋谷店の外の壁の感じだ。ニューヨークにはペタペタとたくさんポスターが貼られているので、その空気を東京に持ってこようと思った。そこからスタートして、アニエスべーのショップで展示が決まったので、写真集のイメージがコラージュとなって店内へと続いていく方法が決まった。多くの友人の姿が会場を埋め尽くしていて、すごくハッピーな展示になったよ」 日本でも何度か仕事をしており、多くの友人がチャドに会おうとレセプションに訪れた。会場では、アニエスベー限定のエディション作品も1枚5500円で販売されている。.