初のNBAプレーオフ出場 渡辺が見つけた自信と課題 (写真=ゲッティ共同)

2022/05/15 23:01:00

初のNBAプレーオフ出場 渡辺が見つけた自信と課題 スポーツライター 杉浦大介

初のNBAプレーオフ出場 渡辺が見つけた自信と課題 スポーツライター 杉浦大介

トロント・ラプターズの一員として、初めての米プロバスケットボールNBAプレーオフに臨んだ渡辺雄太の生き生きとした表情が印象的だった。皆がギアを上げてくるプレーオフの戦い4月16日から始まったフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(76ers)との東カンファレンス1回戦(7回戦制)で、渡辺は全部で4試合に出場したが、多くのプレー時間を手にしたわけではない。5分27秒コートに立った第1戦を除けば

「レギュラーシーズン中は手を抜いていたとかそういうことではなく、プレーオフになって気持ちがより引き締まり、全員が全プレーのギアを一段階上げている感じ。スカウティングも1つ1つがシーズン中より細かくなっています。1試合1試合、ゲームプランを変えながらやっているので、本当に集中しておかないとわけがわからなくなってしまう。そういったことを経験できたのは本当に大きかったと思っています」。4月25日、敵地で行われた第5戦後、渡辺は目を輝かせながら話した。結局、ラプターズは2勝4敗で敗れたものの、まだ伸びしろを残した27歳の渡辺にとっては貴重な時間になったはずである。

NBAでの4年目はアップダウンの激しいシーズンになった。初の本契約選手としてシーズンに臨んだが、ふくらはぎの負傷で開幕は欠場。昨年11月24日に復帰後は持ち前の守備力、運動量、ハッスルプレーでチームに貢献し、一時は不可欠の存在になったようにも思えたが、1月に新型コロナウイルス感染防止規定の対象となり欠場を余儀なくされた。以降、プレータイムは激減。故障者が徐々に復帰し始めたチームの中で、ローテーション復帰はかなわなかった。「今までは最初から出られなくて当たり前の選手だったのが、ローテーションで出る楽しさを知ってしまったから、外れたときはしんどくて、自分の中の気持ちの整理がつかなかった。その部分が大変ではありました」

続きを読む:
日経電子版 スポーツ »

「BreakingDown」に関する記事 - モデルプレス

モデルプレスは日本最大級の女性向けエンタメ&ライフスタイルニュースサイトです。ファッション、モデル、恋愛、ヘア、コスメ、ネイル、ダイエット、ディズニー、スイーツ、カフェ、ドラマ、映画、音楽、海外セレブ、トラベルなどの最新情報をお届けします。 続きを読む >>

ダルビッシュ5失点、4勝目ならず 大谷は4打数無安打(写真=ゲッティ共同)【アトランタ=共同】米大リーグは13日、各地で行われ、パドレスのダルビッシュはアトランタでのブレーブス戦に先発し、5回2/3を9安打5失点で4勝目はならなかった。チームは11-6で逆転勝ちした。エンゼルスの大谷はア

【写真ギャラリー】2022.5.14 明治安田生命J1リーグ第13節 ジュビロ磐田 2-1 FC東京 | サッカーキング🖼写真ギャラリー🖼 🇯🇵明治安田生命J1リーグ第13節 ⚽️ジュビロ磐田 2-1 FC東京 🗓2022年5月14日 🏟️ヤマハスタジアム 📸三浦誠 / 三浦彩乃 掲載枚数 / 76枚

【写真ギャラリー】2022.5.14 Yogibo WEリーグ第21節 INAC神戸レオネッサ 0-1 三菱重工浦和レッズレディース | サッカーキング🖼写真ギャラリー🖼 🇯🇵Yogibo WEリーグ第21節 ⚽️INAC神戸レオネッサ 0-1 三菱重工浦和レッズレディース 🗓2022年5月14日 🏟️国立競技場 📸須田康暉 neville_joker 掲載枚数 / 59枚

「ホテルからの景色と一緒にアート楽しんで」ザ・リッツカールトン沖縄 アリカワコウヘイ!さん作品を展示 | 沖縄タイムス+プラス プレミアム | 沖縄タイムス+プラス【名護】県出身の美術作家アリカワコウヘイ!さんの作品が31日まで名護市喜瀬のザ・リッツカールトン沖縄で展示されている=写真。同ホテルが28日で開業10年を迎えることを記念し、アリカワさんが描き下ろした絵画24点を展示・販売している。売り上げの一部は県内の児童養護施設に寄付する。

赤やピンク、シャクヤク2000株が大輪の花群馬県内は13日、前線と低気圧の影響で各地で雨が降った。藤岡市矢場では赤やピンクのシャクヤクの花が雨空に映え=写真、弓立美沙輝撮影=、訪れた人たちがカメラに収めたり匂いを嗅いだりして楽しんでいた。 シャクヤクは農業柴田

スマホで1日乗車券 とさでん交通が発売 電車で行ける施設の割引も | 高知新聞とさでん交通が、スマートフォンで取得・利用できる路面電車の1日乗車券=写真=を売り出した。いつでもどこでも購入でき、運転士にスマホ画面を見せるだけで乗れる。…...

4月16日から始まったフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(76ers)との東カンファレンス1回戦(7回戦制)で、渡辺は全部で4試合に出場したが、多くのプレー時間を手にしたわけではない。5分27秒コートに立った第1戦を除けば、4、5、6戦はすべて1〜2分という短い時間。それでも、緊張感に溢れる大舞台で得たものは少なくなかったようだ。 「レギュラーシーズン中は手を抜いていたとかそういうことではなく、プレーオフになって気持ちがより引き締まり、全員が全プレーのギアを一段階上げている感じ。スカウティングも1つ1つがシーズン中より細かくなっています。1試合1試合、ゲームプランを変えながらやっているので、本当に集中しておかないとわけがわからなくなってしまう。そういったことを経験できたのは本当に大きかったと思っています」。4月25日、敵地で行われた第5戦後、渡辺は目を輝かせながら話した。 結局、ラプターズは2勝4敗で敗れたものの、まだ伸びしろを残した27歳の渡辺にとっては貴重な時間になったはずである。 NBAでの4年目はアップダウンの激しいシーズンになった。初の本契約選手としてシーズンに臨んだが、ふくらはぎの負傷で開幕は欠場。昨年11月24日に復帰後は持ち前の守備力、運動量、ハッスルプレーでチームに貢献し、一時は不可欠の存在になったようにも思えたが、1月に新型コロナウイルス感染防止規定の対象となり欠場を余儀なくされた。以降、プレータイムは激減。故障者が徐々に復帰し始めたチームの中で、ローテーション復帰はかなわなかった。 「今までは最初から出られなくて当たり前の選手だったのが、ローテーションで出る楽しさを知ってしまったから、外れたときはしんどくて、自分の中の気持ちの整理がつかなかった。その部分が大変ではありました」 シーズン中は最後まで「チャンスはまた必ず来る」と話していたものの、シーズン終了後、揺れた胸の内をそんなふうに吐露していた。 プレーオフ1回戦第5戦の76ers戦でドリブル突破を図るラプターズの渡辺(左)=ゲッティ共同 プロアスリートにとって何より辛いのは、試合に出られないこと。学生時代は常に所属チームの主力選手だった渡辺も、NBAでは安定したプレー時間を得るには至っていない。世界最高のリーグであるNBAに到達して様々な喜びを手にする一方で、これまでにほとんど味わったことがないような悔しさも経験し続けているのだろう。 1年を通じて戦力であり続けたシーズン それでも、2021~22シーズンは渡辺にとって大きな意味がある時間だったように思える。ラプターズが多くの離脱者に見舞われた前半戦の活躍は見事で、プレータイムが減った後半戦でも重要な場面でプレーすることは少なくなかった。 「突然第4クオーターから出されたりという場面もあり、今シーズンは準備の大切さを学んだ」という本人の言葉通り、東5位に入ったラプターズでほぼ1年を通じて戦力であり続けた。1、2年目はNBA下部のGリーグで多くの時間を過ごし、4年目にしてついにNBAでも強豪チームの勝利に貢献できる位置まで到達したのだから。 「大変なこともたくさんあった。それでも自分がこの世界でやっていけるだけの選手っていう自信をつけられたシーズンだったかなと思います」 .【アトランタ=共同】米大リーグは13日、各地で行われ、パドレスのダルビッシュはアトランタでのブレーブス戦に先発し、5回2/3を9安打5失点で4勝目はならなかった。チームは11-6で逆転勝ちした。 エンゼルスの大谷はアスレチックス戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数無安打だった。試合は2-0で勝った。 パイレーツの筒香はレッズ戦で出場機会がなく、チームは2-8で敗れた。カブスの鈴木はダイヤモンドバックス戦で先発を外れた。.【写真ギャラリー】2022..