凸版など、ICカードに新暗号技術 25年の実用化狙う

2022/08/13 20:28:00

凸版など、ICカードに新暗号技術 25年の実用化狙う

凸版など、ICカードに新暗号技術 25年の実用化狙う

凸版印刷と国立研究開発法人の情報通信研究機構(NICT)は、新たな暗号技術を使ったICカードを月内に開発する。量子コンピューターでも解読が難しい暗号で、情報流出などを防ぎ安全性を高めることができ、2025年の実用化を目指している。クレジットカードや電子カルテなどで新たな暗号技術を使った製品などの実用化が今後進みそうだ。米政府のセキュリティー基準などを定める米国立標準技術研究所(NIST)が7月

と国立研究開発法人の情報通信研究機構(NICT)は、新たな暗号技術を使ったICカードを月内に開発する。量子コンピューターでも解読が難しい暗号で、情報流出などを防ぎ安全性を高めることができ、2025年の実用化を目指している。クレジットカードや電子カルテなどで新たな暗号技術を使った製品などの実用化が今後進みそうだ。 米政府のセキュリティー基準などを定める米国立標準技術研究所(NIST)が7月..た背景には何があったのだろうか。(川本修司) 今年の梅雨明けの発表は、平年より20日以上早い6月28日で、統計が残る1951年以降、最も早かった。 一方、7月に入ると、福知山市で3日午後1時半までと、9日同6時40分までの1時間に、それぞれ約90ミリの猛烈な雨を記録。 南隣の京丹波町では3日同1時半までと、27日同4時半までの1時間に、それぞれ約100ミリ、90ミリの大雨となった。 中京区では19日午前11時24分までの1時間に88ミリと観測史上最大を記録した。いずれも浸水や土砂災害の危険性が高まったとして、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表した。 京都地方気象台の分析では、福知山市と京丹波町で大雨となった3日は、北上する台風4号の影響を受けた。他の3日間は、日本海にある低気圧の影響などで、南から暖かく湿った大気が流れ込んだことによる雨という。 梅雨明け後に大雨が相次いだ理由について、気象台の担当者は「複数の要因が重なった」と説明する。 福知山市と京丹波町の雨の場合、太平洋高気圧の張り出しが十分でなかったため、近畿地方がそのふちに当たり、大気が不安定な状況が続いていた。 また、両市町を含む丹波地方の山地は気温が上昇すると、日本海と瀬戸内海の双方から吹き込む風が集まる「収束線」が出現。積乱雲が発達し、強弱を繰り返しながら雨が降りやすくなる条件が重なったという。 京都市の場合は、前線を伴って日本海を進む低気圧があり、暖かく湿った空気が流れ込んだ影響を受けた。 7月末以降は太平洋高気圧の張り出しが強まったため、大雨は減っているが、天気の急変の可能性はあり、今後は台風シーズンを迎える。気象台は「雲の増え方など空の様子に注意し、最新の情報をこまめにチェックしてほしい。異変を感じたら早めの行動を」と呼びかけている。 7月3日の大雨で、京丹波町では55棟が床上・床下浸水。京都縦貫自動車道の 法面(のりめん) が崩れ、8日まで一部通行止めになった。 福知山市では3日、4776世帯(1万97人)に避難指示を出し、8棟が床上・床下浸水した。 9日は3万5131世帯(7万3126人)に避難指示を発令。土砂が流れ込んだ家屋1棟が全壊し、9棟が床上・床下浸水するなどした。 市は7月だけで避難所を4回開設したが、担当者は「晴れていても数時間後に警報級の雨になることがあり、空振りを恐れず対応するよう心がけた」と話す。 京都市では19日、中京、右京など6区の一部計4万60世帯(7万5855人)に避難指示を発令。4人が負傷したほか、市街地の一部が冠水するなどした。.県内の剣道場の多くが警察署や学校施設に集中する中、「住宅街の個人道場は少ない」と圀隆さん。現在小学生を中心に25人が稽古し、糸満市など遠方から通う子もいる。スポーツ分野で強豪校に生徒が集中するように「強い道場に集まる傾向がある」。6月に県立武道館で開催された沖電工杯争奪第41回大会では2部門で優勝した。 強豪道場となった大道塾の歴史は68年前にさかのぼる。父の久仁男さんが1954年に楚辺に「尚武館」を開設し、8年後に三原に転居して「大道塾」と改称した。「当時の三原3丁目は木が生い茂る森で住宅は少なかった」と圀隆さんは振り返る。 99年には久仁男さんが亡くなり生徒も激減したが、近隣の強豪道場が閉鎖し、生徒の一部が入ってきた。経営と大会成績は再び軌道に乗り始めた。.

...

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »
Loading news...
Failed to load news.

その前にマイナンバーを肉眼で読み取れないようにしてもらいたいもんだ。 いつまで目隠しの袋に入れておけばいいのかね。。 >凸版など、ICカードに新暗号技術 25年の実用化狙う >クレジットカードや社員証にも超高度な安全技術を。 どんなに頑張っても「拾われたら終わり」は変わらない。笑

安倍元首相が握ったマイクに傷安倍晋三元首相(67)が7月、奈良市で参院選の街頭演説中に銃で撃たれて殺害された事件で、朝日新聞は、安倍氏が撃たれた際に握っていたマイクを持ち主の男性の許可を得て...

数年に1回程度のはずが…梅雨明けから「記録的」大雨5回、「晴れていても数時間後に警報級」数年に1回程度しか発生しないような短時間の大雨を対象とする「記録的短時間大雨情報」が7月、京都府内3市町(京都市、福知山市、京丹波町)で計5回発表された。府内では2019年7月以来だが、梅雨明けの時期に幾度も大雨になっ

「心身修練の場は不変」開設60年・住宅街の個人剣道場 教え子たちが結束 後進の指導に当たる | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス沖縄県那覇市三原3丁目の住宅街にある「大道塾剣道場」が7月、開設60年を迎えた。初代塾長は沖縄剣道連盟初代会長を務めた故松川久仁男氏。これまで県内トップの実績を残してきた常勝道場だ。息子で2代目塾長の圀隆さん(85)は「今の生徒たちがこれまでで最も強いんじゃないか」。

量子コンピュータの攻撃に備えるための4つの暗号化アルゴリズムをアメリカ国立標準技術研究所が採択既存の強固なセキュリティを突破する可能性がある量子コンピュータの登場に備え、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)が4つの暗号化アルゴリズムを採択し、安全性を強化したアルゴリズム「ポスト量子暗号」として標準化に向けて調整を図っていくことを明らかにしました。

ネットの安全へ世界標準の新暗号 IBMなどの技術選定米国立標準技術研究所(NIST)は5日、インターネットの安全を支える新たな暗号で米IBMなどが開発した技術を選定したと発表した。次世代の高速計算機、量子コンピューターが進化し、現行の方式が解読される恐れがあるのに備える。新暗号は事実上の世界標準として2024年までに規格化される見通しで、世界の企業はソフトウエアの更新などが必要になる。NISTが米国標準として選定したのはIBMなどが開発した「C

ポスト量子暗号候補の4技術、NISTが発表米国立標準技術研究所(NIST)は、ポスト量子暗号の候補となる4つの技術を発表した。