Books, 事件, 家族, 日本社会, 虐待

Books, 事件

再婚で生じるステップファミリーで「子どもの虐待」を防ぐ方法

<血のつながりがない親に、連れ子を虐待する傾向があるとは限らない。では、なぜ痛ま...

2021/09/23 1:44:00

再婚で生じるステップファミリーで「子どもの虐待」を防ぐ方法 ●血のつながりがない親に、連れ子を虐待する傾向があるとは限らない。では、なぜ痛ましい虐待事件が起こるのか。継親子の良好な関係性はどのように実現するのか

<血のつながりがない親に、連れ子を虐待する傾向があるとは限らない。では、なぜ痛ま...

当時5歳だった女児の船戸結愛ちゃんが、虐待の末に命を落とした事件だ。結愛ちゃんが綴った反省文中の「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」という言葉は、3年以上の歳月を経た今も多くの人の心の中に残っているはずだ。報道を目にするたび私も憤りを感じたものだが、著者によれば、この事件は単純に"憤り"だけでは片づけられない問題をはらんでいる。それは、この事件が「ステップファミリー」で起きたという事実である。ステップファミリーとは、親の再婚などによって継親子関係が生じた家族です。テレビや新聞では、虐待したのは結愛ちゃんの「父親」と報道されることが多かったのですが、正確に言えば「継父」でした。血縁の親子ではない継父と継子のあいだで起こった虐待事件でした。(「はじめに」より)

ココス×呪術廻戦のコラボメニュー全部見せ!推しキャラ食べなきゃ。 - Peachy - ライブドアニュース 乳幼児向けパンで窒息死亡事故 - Yahoo!ニュース 「使い捨て」の競走馬 救う牧場 - Yahoo!ニュース

今の日本で子どもが育つ環境は大きく変化しており、その最たる例が離婚率の高さだ。著者によれば、50~65年ほど前の高度経済成長期に比べると、親の離婚を経験する子どもの数は格段に増えているという。高度成長期に小学生時代を過ごした私も、このことは強く実感できる。当時、(少なくとも私の周囲には)親が離婚した子は少なく、一学年に数人いるかいないか、という程度だった。大人のひとりから、「アメリカと違って日本は離婚する人が少ない」のだと聞き、子ども心に納得したことも記憶に残っている。だが、そこから数十年を経て周囲を見渡せば、親の離婚を経験している子どもの数は驚くほどに増えていた。それは、小学生時代に見たこと、聞いたこととはずいぶん違った光景だった。

続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

志田彩良「役に立ちました」水ギョーザ作るシーン前日に家で100個作る - シネマ : 日刊スポーツ

女優志田彩良(22)が16日、都内で、主演映画「かそけきサンカヨウ」(今泉力哉監督)の公開記念舞台あいさつに、4月期TBS系日曜劇場「ドラゴン桜」で“秀才コン… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

不思議だな。 NEWSweekは精神が女性の男性は認めるのに 特殊な家庭に適応出来ない人は認めないのか。 画一的な家族像を押しつけるなら、男性には男性的な精神を押しつけないと不平等だろ。 NEWSweekは言ってることが恣意的で独善的だぞ。 別に無理に家庭人である必要は無いだろ。この場合。