内村航平「考え抜いて決める」 柔道・野村忠宏さんに「人生相談」 | 毎日新聞

「私はボロボロになるまであがく内村航平を見たい」。野村忠宏さんの言葉に内村選手は--。

その他のスポーツ

2021/10/27 16:40:00

「私はボロボロになるまであがく内村航平を見たい」。野村忠宏さんの言葉に内村選手は--。

体操の男子個人総合で五輪2連覇の実績を持つ内村航平(32)=ジョイカル=が27日、東京都内のトークイベントに出席し、今後の去就について「どういう形で体操に携わっていくか(決めるのに)は、少し時間が必要」と語った。

野村さんが「私はボロボロになるまであがく内村航平を見たい」と切り出すと、内村は「体操をやめたいとは1ミリも思っていない。代表である自分こそ『内村航平』というプライドを取っ払えたら長くやれるし、ここで終わってもいい。最後に決めるのは自分。本当に考え抜いて決めようと思う」と話すにとどめた。内村は2012年ロンドン五輪と16年リオデジャネイロ五輪の個人総合で2連覇。17年以降はけがに苦しみ、今夏の東京オリンピックには得意の鉄棒で種目別の出場を果たしたが、予選落ちした。北九州市で開かれた世界選手権も種目別の鉄棒に出場して6位だった。【円谷美晶】

続きを読む: 毎日新聞 »

ブリュッセルでコロナ対策への抗議デモ 一部で暴力に - BBCニュース

ベルギーの首都ブリュッセルで23日、新型コロナウイルス対策の制限に対する抗議デモが行われ、一部の参加者は警察に石や爆竹などを投げつけた。警察は暴力を非難し、催涙ガスや放水車で対応した。 続きを読む >>

見たくない

体操内村、今後は「考え抜いて決める」 都内でイベント体操男子の内村航平(ジョイカル)が27日、東京都内で所属先のイベントに参加し、進退を含めた今後の競技生活について「本当に考えて考えて考え抜いて決めようと思う」と… お辞めください!見苦しい!

「なぜ別姓婚ができないのか」離婚を選択した夫婦 制度導入に壁【#あなたの衆院選】(毎日新聞) - Yahoo!ニュースある女性は海外で仕事を続けるため、法律婚から事実婚に移る「ペーパー離婚」を選択。夫婦関係は変わりませんが、書類の「離婚」の2文字を見ると胸が痛むといいます。依然として開けぬ夫婦別姓導入への道とは。 あなたの衆院選 毎日新聞 Yahooニュース 今するべきことではない。

「霊長類研究所」改編を京大が発表 名称消え、研究分野を縮小 | 毎日新聞京都大は26日、研究資金の不正支出が問題化した霊長類研究所(愛知県犬山市)を、2022年4月に「ヒト行動進化研究センター(仮称)」に改編する計画を発表した。学内の中核的組織である「付置研究所」の位置付けから外し、1967年の発足から国内外の霊長類研究をリードしてきた研究所の名称が姿を消す。 東大出身者達が潰したかったのだろ。

「未解決」容疑者逮捕 広島刺殺でも 科学捜査向上や時効撤廃で次々 | 毎日新聞広島県福山市で2001年、主婦が自宅で刺殺された事件。「コールドケース」と呼ばれる長期未解決の事件で近年、容疑者が急転直下、逮捕されるケースが相次いでいる。DNA型鑑定などの科学捜査技術が向上したことや、殺人事件などの時効が撤廃されたことが影響しているとみられる。

ワクチン2回接種、国内70.1%に 「7割の壁」超えG7トップ水準 | 毎日新聞政府は26日、新型コロナウイルスワクチンの2回接種を完了した人が、人口の70・1%に達したとする集計結果を発表した。G7では、2位のイタリアとほぼ肩を並べ、1位のカナダに次ぐトップ水準に位置している。先行した欧米各国では6割前後で伸び悩む「7割の壁」が立ちはだかったが、日本では感染への危機感などか そ、そんなww 大事な選挙前に、 天下の毎日新聞さんが 「日本はトップ水準」とか報じてしまうと、怒りのパヨパヨさんから「毎日新聞は自民党から金を貰ってるネトウヨ機関紙だー」とか言われちゃいますよ?w さぁ、もっと政権批判をするんだw 明らかに与党の功績。 一方、共産党は2020年度の第2次・第3次の補正予算の両方に主要政党で唯一反対した政党。 絶対に忘れてはならない。騙されてはならない。 とにかく早く呑みたい人が多いんだろうな。

麻生氏「コメがうまいの温暖化のおかげ」発言 火消しに躍起の政府 | 毎日新聞自民党の麻生太郎副総裁が「北海道のコメがうまいのは農家ではなく、地球温暖化のおかげだ」と発言したことが波紋を広げている。北海道を中心に農産関係者の反発は強く、政府・与党は火消しに追われた。 凄いな。野党が失言しても取り上げないのに。 この件だけは、メディアが一斉に報道し始めたな。 波紋を拡げてるのは マスコミと野党 温暖化の影響もあるのでしょうが、米作りに携わる人たちの努力を否定するのはおかしいと思います。 また、温暖化防止は世界的な流れですので、これを否定したいなら十分な根拠を提示した上で世界に発信して頂きたいと感じました。