八條忠基著「日本の装束 解剖図鑑」 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース

  • 📰 読売新聞オンライン
  • ⏱ Reading Time:
  • 1 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 4%
  • Publisher: 63%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

八條忠基著「日本の装束 解剖図鑑」 カルチャー

本書は古代から令和まで千年以上にわたる服飾の歴史をイラストと解説で辿(たど)る。「装束」と呼ぶのは宮中の儀式で用いられた正装に由来するからだ。身分制度があった時代には装束の種類や色にも約束事が厳密に定められていた。即位の礼の装束、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)は天皇以外着用できない「禁色」。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。
このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 19. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。

【本よみうり堂】5月16日(日曜)朝刊で紹介する予定の本 : 次週の書評ラインアップ : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース茜灯里著『馬疫』(光文社) 河合香織著『分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議』(岩波書店) 田口俊樹著『日々翻訳ざんげ エンタメ翻訳この四十年』(本の雑誌社) 阿古真理著『日本外食全史』(亜紀書房) ロベール・ボワ
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »

リングサイド 林育徳著 小学館 1980円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・柴崎友香(作家) 台湾の若い作家による連作短編集である。台湾ではプロレスはマイナーな存在だが、登場する人々が熱心に見ているのは主に日本の、それもケーブルテレビで延々と再放送されている20~30年前のプロレス。各話の
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »

それはあくまで偶然です ジェフリー・S・ローゼンタール著 早川書房 2530円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース評・中島隆博(哲学者・東京大教授) 統計学の観点から出来事を見ればどうなるのか。とりわけ、運がよいとか悪いという出来事はどうだろうか。ローゼンタールの結論はこうだ。「自分にはコントロールできないランダムな運を静穏に受け
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »

若手ピアニストの登竜門、桑原志織さん2位…ルービンシュタインコンクールで日本人44年ぶり : エンタメ・文化 : ニュース【エルサレム=工藤彩香】イスラエル中部テルアビブで3日まで行われた若手ピアニストの登竜門、第16回アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクールで、東京都出身でベルリン芸術大学大学院の桑原志織さん(25)が2位に
ソース: 読売新聞オンライン - 🏆 19. / 63 続きを読む »