八村塁、今季初のホームゲームで7得点…華麗なリバースダンクもさく裂(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

2022/01/12 5:34:00

八村塁、今季初のホームゲームで7得点…華麗なリバースダンクもさく裂 #NBA

Nba

八村塁、今季初のホームゲームで7得点…華麗なリバースダンクもさく裂 NBA

NBAでウィザーズに所属する八村塁が11日(日本時間12日)、ホームで行われたサンダー戦で今季2戦目の出場。14分39秒プレーし、7得点、2リバウンド、1アシストだった。チームは122―118で勝

続きを読む: スポーツナビ »

��#154�ۥ�����з褬���塪 ���������Ǥޤ����Υ��åץ���С��ǥ���!?/��ź������ݻ����� | ����ư�� - netkeiba.com

������󤬥ߥ饯�륷��åȤǷ�����ž!? ���ݻ���������ȤΥ�����з褬���褤����塪 ��4H�Ǥϡ��ɤ��餬�󤯤ޤ���Ф��뤫�򶥤��ȥɥ饳���з�ɤ򳫺š������Ǹ�����󤬸��������ǤȤϡġ� ���� No.1���Ͼ��󥵥��ȡ�netkeiba.com�פζ���ư��netkeibaTV��ͽ�ۤ�졼������Ω�Ķ���ư������������桪 続きを読む >>

尼崎「センプルカップ」初日のねらい目: ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券:スポーツ報知スポーツ報知大阪版のボートレース(競艇)記者・藤原邦充ブログ「藤原邦充のブログ舟券」です。藤原記者が担当のボートレース場から新聞には載らない最新情報をお届けします

尼崎「センプルカップ」2日目のねらい目: ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券:スポーツ報知スポーツ報知大阪版のボートレース(競艇)記者・藤原邦充ブログ「藤原邦充のブログ舟券」です。藤原記者が担当のボートレース場から新聞には載らない最新情報をお届けします

【佐々木クリスの目】221日ぶり復帰の八村塁はスピード、パワー、気力の全てがみなぎっていたNBAのウィザーズ所属の八村塁(23)が9日、敵地フロリダ州オーランドでのマジック戦で今季初出場を果たした。14分9秒プレーし6得点、3リバウンドだった。チームは102―100で3試合ぶりの白星で、

尼崎「センプルカップ」初日のねらい目: ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券:スポーツ報知スポーツ報知大阪版のボートレース(競艇)記者・藤原邦充ブログ「藤原邦充のブログ舟券」です。藤原記者が担当のボートレース場から新聞には載らない最新情報をお届けします

尼崎「センプルカップ」2日目のねらい目: ボートレース記者・藤原邦充のブログ舟券:スポーツ報知スポーツ報知大阪版のボートレース(競艇)記者・藤原邦充ブログ「藤原邦充のブログ舟券」です。藤原記者が担当のボートレース場から新聞には載らない最新情報をお届けします

NBAウィザーズ 八村塁 今季初出場で6得点 | NHKニュース【NHK】 NBA =アメリカプロバスケットボール、ウィザーズで開幕から欠場が続いていた八村塁選手が9日のマジック戦に今シーズン初めて… 復帰おめでとうございます㊗️ 開幕戦から長かったね ワタナベ選手との対決見たいなぁ

利し、連勝。通算21勝20敗とした。 八村は第1クオーター(Q)途中から出番を得ると残り2分53秒、ゴールに向かって切り込むと、仲間からパスを受けてシュートを成功。前半は2得点だった。チームは58―61で折り返した。 後半は第3Q、残り5分41秒からコートに入ると、残り5分には、右コーナーからドライブし、そのまま右手で華麗なリバースダンクシュートを決めた。その後フリースローを1本、2点シュートも入れ、約40秒間で5得点を挙げた。チームは主力のビールが、新型コロナウイルス感染防止規定の対象となり不在だったが、接戦を制した。 次は12日(日本時間13日)にマジックと戦う。 八村は今季、個人的理由でチームへの合流が遅れ、復帰に向け段階を踏み、調整を行ってきた。昨年11月20日にチーム練習に初合流。復帰間近とも言われた昨年12月末には、新型コロナウイルス感染防止規定の対象に入り、実戦復帰が先延ばしになったが、1月5日に対象から外れると、9日のマジック戦でNBAでは21年6月2日以来、221日ぶりのプレーとなった。 報知新聞社 .稲田のまくり差し。5を1、2着に固定して相手は1、2、3、4の計24点 2R 山田イン速攻。1頭から3、4、5、6の2、3着計12点 3R.松尾がパワフル。5を1、2着に固定して相手は1、2、3、4の計24点 2R 河合の先まくり。3を1、2着に固定して相手は2、4、5、6の計24点 3R 連穴で羽野を。6を2、3着に固定して相手は1、3、4、5の計24点 4R 毒島のまくり差し。5を1、2着に固定して相手は1、3、4、6の計24点 5R 土屋のツケマイ一考。2を1、2着に固定して相手は3、4、5、6の計24点 6R 守屋のパワー上位。2を1、2着に固定して相手は1、4、5、6の計24点 7R 連穴で柳沢を。6を2、3着に固定して相手は1、2、4、5の計24点 8R.通算20勝20敗とした。八村は今季、個人的理由でキャンプを欠席するなどチーム合流が遅れていた。昨年末には新型コロナウイルス感染防止規定の対象となり、開幕から欠場が続いたが、チームの今季40試合目にしてコートにカムバック。元バスケットボール選手でアナリストの佐々木クリス氏が八村のプレーを評論した。 NBAでは約7か月ぶりの実戦となった八村選手だったが、試合を見る限り、スピード、パワー、気力と、全てがみなぎっており、コート上では以前と同様の姿が見られ、ブランクを感じさせなかった。 マジック戦は特にディフェンス面での貢献が高かった。第1Qではパワーフォワード、第2、3Qではセンターとして起用。いずれもスイッチ(仲間と連係し、マークする選手を替える)した時に、しっかりとコミュニケーションを取り、多くのポジションの選手を守ることができていた。センターとしての引き出しが増え、新たな成長も感じられた。 また、決まりはしなかったが、3点シュートを放ったことも良かった。3点シュートは、彼がNBAで生きていく上で必ず必要となるプレー。1、2年目と着実に成長を示した部分でもあり、より確実に決めていくことが3年目では重要になる。戻ってきた八村選手の存在が、昨年11月16日以降、10勝17敗と苦しむチームに新たな風を吹き込むだろう。(元プロバスケットボール選手、アナリスト・佐々木クリス).