先送りは続けられない 新政権「老いたる途上国」回避を

2021/10/06 22:07:00

先送りは続けられない 新政権「老いたる途上国」回避を

先送りは続けられない 新政権「老いたる途上国」回避を

人口が減っても成長できるよう、先送りしてきた課題にケリをつけるべきだ。市場は岸田文雄新政権にこう求めている。「豊かな日本には選択肢がある。蓄えた富をこのまま享受するだけか、改革してもっと豊かになるのかだ」。10年以上前、英国のエコノミストに忠告された。その後も歯止めがかからなかった地盤沈下は、日本が前者を選んだ結果だ。日本株の時価総額が世界に占める比率は、1989年の37%から先月末の6%に

続きを読む:
日本経済新聞 電子版(日経電子版) »
Loading news...
Failed to load news.

ほんこれ。茹でガエルは嫌だわ →市場が望む政策は手あかがついたものばかりだ。企業の体質改善も労働のシフトもセーフティーネットも1999年度の経済白書で言及した。 先進国で唯一横ばいが続く所得を見ても、もはや日本が豊かとは言い切れない。 生産人口と消費人口のアンバランスを改善すること、IT化による二極化の所得再配分をデザインすること、工場労働者を基礎とする労働法を現状に合わせてデザインすること、大企業の優越的地位の濫用を制限すること。 成熟しないまま老いていく。もう日は沈み始めている。失った30年は取り戻せないと思う。