東京の夜間人出、5週連続増加 専門家が懸念

Redirecting to full article in 0 second(s)...

東京都が17日に開いた新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議で、専門家から感染再拡大を懸念する声が相次いだ。都の緊急事態宣言は20日で解除され、宣言に準じるまん延防止等重点措置に移行するが、都内の新規感染者の減少ペースは鈍化し、夜間の人出は5週連続で増加している。専門家は「人の流れを抑えるべきだ」などと指摘している。都は感染者の爆発的な増加に見舞われた「第3波」の反省を踏まえ、