北海道・江別のカーム角山、ロボットで自動化メガ牧場

Redirecting to full article in 0 second(s)...

北海道で大規模に搾乳ロボットを導入し、酪農の自動化を進めた先駆者がカーム角山(北海道江別市)だ。徹底的な自動化とルール化で酪農家の集まりを企業として組織した。酪農家の集合体から始まった農業法人としては例がない新規株式公開(IPO)をめざす。カーム角山は2014年に近隣の酪農家5軒が集まってできた農業法人だ。牧場は経営者が2~3世代目になると設備の老朽化が進み、設備更新の必要に迫られる。そこで壁