侍ジャパン, Tokyo 2020, 野球・ソフトボール, 東京オリンピック2020, 稲葉篤紀, 侍ジャパン, 五輪, オリンピック

侍ジャパン, Tokyo 2020

侍ジャパン金へ強化合宿開始「立ち向かっていく姿を」稲葉監督インタビュー - 野球・ソフトボール - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ

侍ジャパン金へ強化合宿開始「立ち向かっていく姿を」稲葉監督インタビュー #侍ジャパン #tokyo2020

2021/07/19 1:07:00

侍ジャパン 金へ強化合宿開始「立ち向かっていく姿を」稲葉監督インタビュー 侍ジャパン tokyo2020

魂を継ぎ、いざ頂点へ-。 侍ジャパン は19日から仙台で東京五輪前の強化合宿を開始する。開幕戦となる7月28日の1次リーグ・ドミニカ共和国戦(福島・あづま球場)は… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

◇ ◇ ◇6月16日は大きな節目だった、はずだった。五輪代表メンバーの内定発表会見。「東京五輪本番で勝つために選んだ。最適な組み合わせだと思っている」。最適解は再回答を余儀なくされる。会沢、中川が故障で辞退。さらに菅野がコンディション不良で続いた。特に菅野は目に見える故障ではなく、投げられる状態にはあった。だが誰の目にも別人のような投球であることは明らか。2人の会話に苦渋の決断が垣間見える。「電話をして状態の確認など話をしたが、やっぱり悔しがっていた。『すみません。応援しているので頑張ってください』と…。でも状態が悪いのは本人が一番悔しいと思う。ああいう選手は前半、調子が悪くても徐々に上げてきて夏場から良くなることもある」

塩野義、希望者に週休3日制 来年度から - ライブドアニュース 森永乳業、「森永マミーヨーグルト」「森永マミーヨーグルト 4ポット」を発売 - ライブドアニュース 神奈川県警が『エルシャダイ』のフリー素材で交通安全を呼びかけ。ディレクターを務めた竹安佐和記氏も驚きの反応を示す - ライブドアニュース

常時の力は信じている。菅野が18年11月にへんとう炎の手術を受け、日米野球を辞退したのも来るべき五輪に備えての処置だったことも知っている。だが復調にはあまりに時間がなく、確信的な道筋もなかった。「力ある投手を選びたいし、国際大会経験もある。そういう意味で彼を選んだけど、逆に苦しめてしまったなと。1度目に抹消になった時に多分、五輪があるから(復帰を)早めてくれて、合わせてくれようとしていた。本人にも『焦らせてしまったかな。ごめんな』と伝えたが、申し訳なかったとすごく思う」もちろん断腸の思いを抱かせたのは菅野だけではない。就任4年間で計90選手(辞退者を除く)を侍ジャパンの旗印の下に呼んだ。未招集の中にも無数の才能が点在していた。足しげく球場に足を運び、コロナ禍では画面に目を凝らした。迷い、悩み、絞り込んだ24人。狭き門に入れなかった選手にも代表発表後の視察で顔を合わせる。複雑な胸中を救ってくれたのは元気に駆け寄ってきた熱男だった。

「プレミア12やこれまで(代表の)ユニホームを着て、あいさつしてくれる選手もいるが、今回メンバーに入らなかったことで来てくれないんじゃないかと。(悔しさから)もちろん来てくれないのも当たり前だし、そこには別に何も思わない。でもマッチ(ソフトバンク松田)の『頑張ってきてください!』という言葉はうれしかった」選ばれし者、選ばれざる者の魂を感じ、思いを背負う。2年前に希望して女子バレー中田久美監督と対談した。「星野(仙一)さんのような雰囲気を感じる」と形容した指揮官はメンバー発表時に涙した。「自分も会見の時にグッと来るところがあったが、ここで泣いちゃいかんなとこらえた。でもすごく分かる。これまで携わってくれた選手や関係者、そういう人たちとここまでやってこれて支えてもらった。選手もいろんな強化試合も含めて大変な時期にユニホームを着てもらった。いろんな選手の顔も浮かんだし、そういう方たちのことを考えたらグッと来る」 headtopics.com

支えてもらった中に恩師もいる。6月30日に中京高(現中京大中京)で指導を受けた西脇昭次氏が亡くなった。五輪を前に別れが続いている。「この2、3年で本当に恩師が亡くなっている。高校、シニアの監督、野村監督、星野監督…。大学3年までの山本(泰)監督も(去年8月に)亡くなられた。さみしいですね。西脇先生もすごく五輪を見たいと言っていた。野村監督も息子の克則に話を聞いても『ずっと稲葉さんのことを気に掛けていたよ』と言ってくれた。いい報告ができればと思う。見守ってくれていると思うので、思い切ってやりたい」19日の代表合宿を起点に集大成の戦いが始まる。

「まずはコロナの影響で最善を尽くしてくれている医療従事者や生活を支えてくださるソーシャルワーカーの皆様であったり、敬意と感謝をしっかりと持っていこうと選手に伝えていく。その中で野球をやらせて頂ける喜び、応援して頂けるありがたさを感じないといけない。1戦1戦全力を尽くし、少しでも見ている方たちが何かを感じて、何かを届けられたら。感じ方はそれぞれ違う。よく勇気や感動をと言うが、野球を見てどう感じるか。我々は挑戦者なのでチャレンジ精神を忘れずに立ち向かっていく姿を見せたい」 続きを読む: 日刊スポーツ »

9/11から20年、世界はどう変わった 偏見や治安は - BBCニュース

あれから20年、世界はどのように変わったのか。イスラム教徒のおかれた状況や、空の旅の安全、文化への影響について考える。

DeNA三浦監督、五輪メダルへ侍山崎康晃に太鼓判「ストレート切れ良い」 - 野球・ソフトボール - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツアテネ五輪銅メダリストのDeNA三浦大輔監督(47)が、 侍ジャパン に選出されている山崎康晃投手(28)に東京五輪でのメダル獲得を求めた。「日本代表の一員として… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

巨人坂本勇人が侍リーダーの自覚「自分がどういう結果出ようと勝てばいい」 - 野球・ソフトボール - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ一番高い表彰台で「ちょー気持ちいい!」を叫ぼう。巨人坂本勇人内野手が高揚感を漂わせて 侍ジャパン の強化合宿に合流する。「やっぱり北島康介さんとかね、僕が高校の頃… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 🤮

DeNA福本誠打撃投手が侍日本入り 元内野手、筒香もほれ込んだ制球力 - 野球・ソフトボール - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ変わり種の打撃投手が東京 オリンピック (五輪)に参加する。DeNA福本誠査定担当補佐兼打撃投手(45)が、 侍ジャパン の補佐役に選出された。現役時代は内野手だが、… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

上田綺世、五輪間に合った 後半途中出場1対1チャンス作る - サッカー - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツFW上田綺世(22=鹿島)は脚の付け根の肉離れで五輪出場が危ぶまれていたが、間に合った。後半21分からの出場で、約25分間ワントップを務めた。1-1の同39分… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

錦織圭 もうすぐパパ「もうちょっとです」東京五輪メダルへ意欲 - テニス - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ東京 オリンピック (五輪)の男子テニスで、2大会連続でのメダル獲得を狙う錦織圭(31=日清食品)が17日、契約する総合住生活企業のLIXILのオンライン・イベン… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

一般の人に伝わっていないセーリングの魅力とは/スポーツ徒然草 - セーリング - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ梅雨が明け、夏の到来だ。多湿は嫌だが、晴れた夏は、気持ちも体も明るくなる。その夏にぴったりなのが、マリンスポーツ。テニスの担当以外に、長年続けてきたのがセーリ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 是非、セーリングの魅力を広めましょう!