余録:「二十四孝」は中国で親孝行とされた人物を取り上げた本で… | 毎日新聞

余録:「二十四孝」は中国で親孝行とされた人物を取り上げた本で…

オピニオン, 朝刊1面

2021/12/04 0:20:00

余録:「二十四孝」は中国で親孝行とされた人物を取り上げた本で…

「二十四孝」は中国で親孝行とされた人物を取り上げた本で、日本でも寺子屋の教材になった。24人中唯一の皇帝が母の毒味役になった漢の文帝、劉(りゅう)恒(こう)である。その文帝に重臣が、朝の命令を夕に改めるような首尾一貫しない政策は民を苦しめると説いた。「朝(ちょう)令暮改(れいぼかい)」の由来である

続きを読む: 毎日新聞 »

新大関の御嶽海「満点です」感謝の言葉を入れた口上に込められた思い - 大相撲 : 日刊スポーツ

大関御嶽海が誕生した。日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で大相撲春場所の番付編成会議と臨時理事会を開催し、初場所で3度目の優勝を果たした関脇御嶽海(29=… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 続きを読む >>

臨機応変と朝令暮改はおんなじ話・・・ どっちとるんやということですわなあ

余録:かつて子どもたちに大人気だった紙芝居は… | 毎日新聞かつて子どもたちに大人気だった紙芝居は、日本生まれのメディアである。その価値を見直し世界にも広げようと、「紙芝居文化の会」が生まれて今月で20年になる。創立記念日の7日は「世界KAMISHIBAIの日」だ▲奈良県桜井市の畑中廣之(はたなか・ひろゆき)さん(61)が小学校の授業で紙芝居を使い始めたの

余録:かつて子どもたちに大人気だった紙芝居は… | 毎日新聞かつて子どもたちに大人気だった紙芝居は、日本生まれのメディアである。その価値を見直し世界にも広げようと、「紙芝居文化の会」が生まれて今月で20年になる。創立記念日の7日は「世界KAMISHIBAIの日」だ▲奈良県桜井市の畑中廣之(はたなか・ひろゆき)さん(61)が小学校の授業で紙芝居を使い始めたの

社説:女子テニス選手の消息 中国は納得できる説明を | 毎日新聞中国の著名な女子テニス選手、彭帥(ほうすい)さんの消息をめぐり、国際社会の疑念が絶えない。 元副首相に性的関係を強要されたとネット交流サービス(SNS)で訴えた後、所在が一時分からなくなったためだ。 ところで 以前、 女性国会議員が白いジャケットを着て 「女性蔑視」に対する抗議の姿勢を 見せたけど なぜ、今回はやらないのかな??🤔?

社説:3回目のワクチン接種 新変異株への対応が必要 | 毎日新聞新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が始まった。時間の経過とともに弱まる効果を回復させることが狙いだ。 2回の接種を終えた18歳以上が対象となる。医療従事者からスタートし、高齢者や基礎疾患のある人へと順次進める。 中学生でも書けるような社説の意味 天下の厚生労働省様がワクチンの効果は科学的根拠が不明と公式に認めているのに?

OPECプラス、現状維持を決定 オミクロン株の影響見極め | 毎日新聞石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」は2日、来年1月の生産規模を巡る閣僚級会合を開き、協調減産の幅を日量40万バレル縮小すると決めた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大による世界経済の減速懸念から、原油価格は下落傾向にあるが、当面、