オピニオン, 朝刊1面, 余録

オピニオン, 朝刊1面

余録:「はばかりながらいわせてもらえば… | 毎日新聞

余録:「はばかりながらいわせてもらえば…

2021/09/23 0:20:00

余録:「はばかりながらいわせてもらえば…

「はばかりながらいわせてもらえば、官吏は凡庸(ぼんよう)の者でも勤まりますが、商工業者は相当に才覚ある者でなければ勤まりません」。これは渋沢栄一(しぶさわえいいち)が大蔵省を辞し、日本初の銀行を創業した当時の言葉である▲その「第一国立銀行」という名の「国立」は国法にもとづくとの意味で、あくまで民営

続きを読む: 毎日新聞 »

コロナ闘病中に帝王切開、そのまま集中治療室へ……英女性の体験談 - BBCニュース

イギリス在住のサルタナ・アシクさん(34)は、妊娠中の今年1月に新型コロナウイルスに感染した。重症化したサルタナさんは、昏睡状態に置かれて帝王切開で双子を出産。その後、集中治療室で46日間、治療を受けた。

こんな中身のない文章書いて堂々としていられるのがうらやましい はばかりすぎて、何も言えないのかな

下水の汚泥から燃料 発電用ガスエンジンに 横浜の処理施設 | 毎日新聞1月に出版された新潮新書「うんちの行方」は実に興味深い。排せつ物がどう処理されているのかを素朴な目線で追う。横浜市鶴見区の下水処理施設「北部第二水再生センター」と隣接する「北部汚泥資源化センター」が取り上げられていたので、訪ねてみた。

「いまの時代だから心に響く教え」 渋沢栄一の故郷を巡る | 毎日新聞「日本資本主義の父」と呼ばれる実業家で、2024年度から1万円札の顔になる渋沢栄一(1840~1931年)。NHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」では、おしゃべりで強情な性格ながら、周りの幸せのために行動する主人公として描かれている。実際にはどんな人物だったのだろう? 経済史が専門で、渋沢を約20年

セレブの心をわしづかみ 25歳の百貨店外商員、知られざるその仕事 | 毎日新聞「百貨店の外商員」と聞けば、セレブを相手にする経験豊富なベテランといったイメージがある。だが、新型コロナウイルス禍で厳しい経営環境が続く百貨店業界を取材していて「25歳の外商員が活躍している」と耳にした。まだ経験が浅いはずの若手が、どうやって顧客の心をつかんでいるのか。仕事ぶりを探ろうと一日密着し こんな子が家に来たら買うてまうやろ。

星空と宇宙:満月の十五夜、8年ぶりに 21日は中秋の名月 | 毎日新聞今年の「中秋の名月」は9月21日です。秋は空気が澄んで美しい月が眺められるといわれます。お月見はススキを飾った縁側でお団子をお供にというイメージがありますが、どこで眺めていても暗い夜空にぽっかり浮かぶ月は幻想的です。

自民党総裁選 コロナ対策を戦略的に考えられる候補は | | 小川和久 | 毎日新聞「政治プレミア」自民党総裁選挙の候補が出そろい、論戦を繰り広げている。私は国民の生命に関わるコロナ対策を通して、各候補が合格点の水準に達しているかどうかを採点することにしている。

山梨・女児不明2年 美咲さんの姉「みー、早く帰ってきて」 | 毎日新聞「妹にすごく会いたい気持ちや、会えるのが楽しみという気持ち、大丈夫かな、本当に帰ってくるのかなという不安と、いろいろな思いがある」。山梨県道志村のキャンプ場で2019年9月、小学校1年生だった小倉美咲さん(9)=千葉県成田市=が行方不明になってから21日で2年となる。美咲さんの小学6年生の姉(12 これからは人の行くところ、必ず防犯カメラを設置してください。行政任せにはできません。プライバシーがあるので無理。これらは民間でやっていくしかない。国の借金を減らし議員定数を減らす党 衆院選小選挙区一票を