芸能番記者コラム, 坂ノ上茜, 坂ノ上茜

芸能番記者コラム, 坂ノ上茜

何事も前向きに吸収する坂ノ上茜、今後の活躍に期待 - 芸能 : 日刊スポーツ

何事も前向きに吸収する坂ノ上茜、今後の活躍に期待 #芸能ニュース #芸能番記者コラム #坂ノ上茜

2021/03/06 1:39:00

何事も前向きに吸収する 坂ノ上茜 、今後の活躍に期待 芸能ニュース 芸能番記者コラム 坂ノ上茜

女優 坂ノ上茜 (25)が2月12日、ファースト写真集「あかねいろ」(光文社)を発売した。フジテレビ系ドラマ「監察医 朝顔」、TBS系情報番組「王様のブランチ」な… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

発売を前にインタビューしたが、一切、飾ることなく、自然体だった。ワフワした笑顔を浮かべ、何事も前向きに吸収する。インタビュー後に、感じた印象は“スポンジ女優”だった。芸能界に憧れたきっかけは、05年のフジテレビ系ドラマ「危険なアネキ」の伊東美咲(43)の演技に魅了されたこと。その後、母の他薦で、現在の所属芸能事務所アミューズ全国オーディションを受け、俳優・ルックス部門賞を受賞して芸能界入りした。そんな坂ノ上は、自身の性格を「自発的にこれに興味があるとか、これやりたいとかあまり思わないほうで、人から勧められた音楽とか、映画とかを見て『ああ、確かにいいね』とか、あまり自分から興味を広げるタイプではなかった」という。

すき家いいじゃん。牛丼とおかずを混ぜて食べる「進化系牛丼」誕生! - Peachy - ライブドアニュース 台風2号、明日19日(月)にかけて猛烈な勢力を維持する予想 - ライブドアニュース アニメ『五等分の花嫁』映画化決定、2022年公開 - ライブドアニュース

しかし、さまざまな番組に出演し、経験を積んだ今は、「今までプライベートだったら挑戦することがなかったことに、出会えた」と笑顔で話す。「『これって、やってみたら意外と面白い』とか、苦手だと思っていた食べ物とかも『あっ、意外と食べられるじゃん』とか、そういう発見だったり、仕事を通して、自分の興味範囲が広がる機会になって、すごくいいきっかけだなって、思っています」。中でも、1番の発見は「王様の-」で行った海外ロケだという。住所だけを教えられ、目的地に自力でたどりつくミッションで「電車に乗りたいけど、道に迷って『どれに乗ればいいんだろう? 』って言っていたら、『どれに乗りたいの? 』って、ジェスチャーとかでも教えてくれる人がいて、すごい気さくに教えてくれたんです」。

それまで海外渡航経験もなく、恐怖心があったというが「こういうきっかけで、実際に現地に行って、人と触れ合って、国とか全然関係なく、人のつながりって良いなと思ったり、じゃあ、今度はプライベートでも行ってみたいなと興味を持つようになりました」と話した。実際にロケで行った地に、後日、プライベートで訪れたこともあるという。「そういう時は、ロケを通じてですが、『飛び込んでよかったな』と思うし、知る前と知った後だったら、全然気持ちが違うなと感じています」と、感慨深い表情を浮かべた。BS-TBS「町中華で飲ろうぜ」では、豪快な飲みっぷりで、人気を集めている。実は“ビール愛”に目覚めたのも、仕事でノンアルコールビールをジョッキ3杯飲んだ撮影後だった。 headtopics.com

坂ノ上は今後の目標に、舞台への出演を挙げ、「女性としては、自立して凜(りん)としているけど、チャーミングな女性でありたいです。女優としては、息の長い女優さんでいられたらなあと思います」と語った。仕事とはいえ、1つのきっかけを自分の中に吸収し、成長につなげている。“スポンジ女優”の今後の活躍が楽しみだ。 続きを読む: 日刊スポーツ »

故フィリップ殿下の葬儀、奉仕と忠誠をたたえ 英王室 - BBCニュース

今月9日に99歳で亡くなった英王室の故エディンバラ公爵フィリップ殿下の葬儀が17日、ロンドン近郊ウィンザー城の聖ジョージ礼拝堂で行われた。

町中華の伝道師!