低年齢の「発達障害」、薬で隠される子どもの危機 | 「発達障害」は学校から生まれる

2022/03/08 3:40:00

【低年齢の「発達障害」、薬で隠される子どもの危機】独自調査でわかった「4歳以下」への投与実態

「発達障害」は学校から生まれる

【低年齢の「発達障害」、薬で隠される子どもの危機】独自調査でわかった「4歳以下」への投与実態

「発達障害の『グレーゾーン』と言われる子どもがあまりに増えています」こう話すのは、岡山県倉敷市にあるNPO法人「ペアレント・サポートすてっぷ」代表の安藤希代子さんだ。自閉症の障害がある娘を育ててきた安…

「今は学校、保育園、行政の子育て相談窓口などあらゆる場所で、『お子さんは発達障害の可能性があるから、病院に行ってみたら』と言われている。ここに相談に来る子どもを見ていると、どう見ても『障害』があるとは言えない子までもが、発達障害やそのグレーゾーンと指摘されています」発達障害を疑われるきっかけは、些細なことだ。「1人遊びが多い」「叱られても、ほかの子と違う反応をする」。2~3歳でこうしたことを保育園や幼稚園で指摘され、受診を促される。「程度の問題だが、発達障害の特性は小さい子どもの行動とかぶります。子どもの発達への無理解で、子どもらしい行動が発達障害の特性に見えてしまうのではないでしょうか」(安藤さん)

「入学前に薬を飲みましょう」家庭や学校での様子を家族から聞き、「衝動性」や「こだわりの強さ」といった特性がどの程度ならば発達障害なのか、それは医師の判断にゆだねられる。発達障害児を診療する獨協医科大学埼玉医療センター・こころの診療科の井原裕診療部長は、次のように説明する。「発達障害が顕在化するか否かは状況に左右される。ADHD(注意欠陥・多動性障害)の場合、長時間座位を強いられると多動や不注意が目立ってくるが、活動を求められる状況だと持ち味だと思われる。授業中は『多動だ』とみなされる生徒も、放課後の部活では俊敏な名選手かもしれない。その程度の活動性を、あえてADHDと診断する必要はない」

続きを読む: 東洋経済オンライン »

<デジタル発>旭川出身の元仮面ライダー・飯島寛騎が語る「エグゼイド」時代と「ライダー展」:北海道新聞 どうしん電子版

昭和から令和まで少年をはじめ多くの人たちに勇気を与えてきた特撮ヒーロー「仮面ライダー」の歴史や魅力を振り返る「生誕50周年記念THE仮面ライダー展」が、8月16日(火)までサッポロファクトリー(札幌... 続きを読む >>

Masa_Masa_0921 急にやめると強い離脱症状が出る薬を 自分で薬の管理ものできない子どもに安易に飲ませるべきではない そもそも子どもの治験がされてない リスパは肝臓壊します…

低年齢の「発達障害」、薬で隠される子どもの危機 | 「発達障害」は学校から生まれる「発達障害の『グレーゾーン』と言われる子どもがあまりに増えています」こう話すのは、岡山県倉敷市にあるNPO法人「ペアレント・サポートすてっぷ」代表の安藤希代子さんだ。自閉症の障害がある娘を育ててきた安…

子どもに「向精神薬」を飲ませた親の深い後悔 | 「発達障害」は学校から生まれる「娘が薬を飲み始めたのは、小学5年生のとき。きっかけは、地区の学校が参加する音楽祭に参加したことです」現在26歳の娘について、吉田京子さん(仮名)はこう振り返る。吉田さんの娘は発達障害の1つである自閉症… 発達障害なのかは学問が勝手に決めているだけで、「発達障害だから薬」の選択肢は間違い。あくまで最終手段。 根本的な原因の解決、欲求、要求を満たす方が手っ取り早い解決になることもある。 どんな学校に通わせてたんだろ?普通の学校に通わせてたならそれが悪い 色々なことを経験し 発達していく過程で 発達障害。。。。 個性というわりに 人と比べ判断 個性ってなんだろ。。。 人との差が個性なら 発達過程。。 過剰診療など心配。。

子どもに「向精神薬」を飲ませた親の深い後悔 | 「発達障害」は学校から生まれる「今日はお薬を飲ませていますか。最近イライラしている様子ですよ」 「お薬を飲んでいないときは口調が荒い。お薬を飲んでいると穏やかです」 そうした言葉が中学校の連絡帳に書かれていた。「やんわりと『薬を飲んで来てください』ということです」と吉田さんは振り返る。 近年 親のクレームが多くなり 普通に 注意指導することすらできなく なった弊害かな。。。 もし発達障害があるなら。。 大人でありながら 自分の物差ししかもたず 他者への理解に欠け 何も考えず一方的に 嫌悪することだったり 。。 戒めよ 自分もそうかな?と思うことがある。 ここに答えが書いてあります

低年齢の「発達障害」、薬で隠される子どもの危機 | 「発達障害」は学校から生まれる「発達障害の『グレーゾーン』と言われる子どもがあまりに増えています」こう話すのは、岡山県倉敷市にあるNPO法人「ペアレント・サポートすてっぷ」代表の安藤希代子さんだ。自閉症の障害がある娘を育ててきた安…

子どもに「向精神薬」を飲ませた親の深い後悔 | 「発達障害」は学校から生まれる「娘が薬を飲み始めたのは、小学5年生のとき。きっかけは、地区の学校が参加する音楽祭に参加したことです」現在26歳の娘について、吉田京子さん(仮名)はこう振り返る。吉田さんの娘は発達障害の1つである自閉症… 発達障害なのかは学問が勝手に決めているだけで、「発達障害だから薬」の選択肢は間違い。あくまで最終手段。 根本的な原因の解決、欲求、要求を満たす方が手っ取り早い解決になることもある。 どんな学校に通わせてたんだろ?普通の学校に通わせてたならそれが悪い 色々なことを経験し 発達していく過程で 発達障害。。。。 個性というわりに 人と比べ判断 個性ってなんだろ。。。 人との差が個性なら 発達過程。。 過剰診療など心配。。

子どもに「向精神薬」を飲ませた親の深い後悔 | 「発達障害」は学校から生まれる「今日はお薬を飲ませていますか。最近イライラしている様子ですよ」 「お薬を飲んでいないときは口調が荒い。お薬を飲んでいると穏やかです」 そうした言葉が中学校の連絡帳に書かれていた。「やんわりと『薬を飲んで来てください』ということです」と吉田さんは振り返る。 近年 親のクレームが多くなり 普通に 注意指導することすらできなく なった弊害かな。。。 もし発達障害があるなら。。 大人でありながら 自分の物差ししかもたず 他者への理解に欠け 何も考えず一方的に 嫌悪することだったり 。。 戒めよ 自分もそうかな?と思うことがある。 ここに答えが書いてあります

こう話すのは、岡山県倉敷市にあるNPO法人「ペアレント・サポートすてっぷ」代表の安藤希代子さんだ。自閉症の障害がある娘を育ててきた安藤さんは10年前から、障害児の保護者の相談支援や居場所づくりを行ってきた。 「今は学校、保育園、行政の子育て相談窓口などあらゆる場所で、『お子さんは発達障害の可能性があるから、病院に行ってみたら』と言われている。ここに相談に来る子どもを見ていると、どう見ても『障害』があるとは言えない子までもが、発達障害やそのグレーゾーンと指摘されています」 発達障害を疑われるきっかけは、些細なことだ。「1人遊びが多い」「叱られても、ほかの子と違う反応をする」。2~3歳でこうしたことを保育園や幼稚園で指摘され、受診を促される。 「程度の問題だが、発達障害の特性は小さい子どもの行動とかぶります。子どもの発達への無理解で、子どもらしい行動が発達障害の特性に見えてしまうのではないでしょうか」(安藤さん) 「入学前に薬を飲みましょう」 家庭や学校での様子を家族から聞き、「衝動性」や「こだわりの強さ」といった特性がどの程度ならば発達障害なのか、それは医師の判断にゆだねられる。発達障害児を診療する獨協医科大学埼玉医療センター・こころの診療科の井原裕診療部長は、次のように説明する。 「発達障害が顕在化するか否かは状況に左右される。ADHD(注意欠陥・多動性障害)の場合、長時間座位を強いられると多動や不注意が目立ってくるが、活動を求められる状況だと持ち味だと思われる。授業中は『多動だ』とみなされる生徒も、放課後の部活では俊敏な名選手かもしれない。その程度の活動性を、あえてADHDと診断する必要はない」 だが、現実には親が子どもの困りごとを医師に伝えると、安易に薬を処方される。そんな例を前出の安藤さんはたくさん見てきた。 .こう話すのは、岡山県倉敷市にあるNPO法人「ペアレント・サポートすてっぷ」代表の安藤希代子さんだ。自閉症の障害がある娘を育ててきた安藤さんは10年前から、障害児の保護者の相談支援や居場所づくりを行ってきた。 「今は学校、保育園、行政の子育て相談窓口などあらゆる場所で、『お子さんは発達障害の可能性があるから、病院に行ってみたら』と言われている。ここに相談に来る子どもを見ていると、どう見ても『障害』があるとは言えない子までもが、発達障害やそのグレーゾーンと指摘されています」 発達障害を疑われるきっかけは、些細なことだ。「1人遊びが多い」「叱られても、ほかの子と違う反応をする」。2~3歳でこうしたことを保育園や幼稚園で指摘され、受診を促される。 「程度の問題だが、発達障害の特性は小さい子どもの行動とかぶります。子どもの発達への無理解で、子どもらしい行動が発達障害の特性に見えてしまうのではないでしょうか」(安藤さん) 「入学前に薬を飲みましょう」 家庭や学校での様子を家族から聞き、「衝動性」や「こだわりの強さ」といった特性がどの程度ならば発達障害なのか、それは医師の判断にゆだねられる。発達障害児を診療する獨協医科大学埼玉医療センター・こころの診療科の井原裕診療部長は、次のように説明する。 「発達障害が顕在化するか否かは状況に左右される。ADHD(注意欠陥・多動性障害)の場合、長時間座位を強いられると多動や不注意が目立ってくるが、活動を求められる状況だと持ち味だと思われる。授業中は『多動だ』とみなされる生徒も、放課後の部活では俊敏な名選手かもしれない。その程度の活動性を、あえてADHDと診断する必要はない」 だが、現実には親が子どもの困りごとを医師に伝えると、安易に薬を処方される。そんな例を前出の安藤さんはたくさん見てきた。.現在26歳の娘について、吉田京子さん(仮名)はこう振り返る。吉田さんの娘は発達障害の1つである自閉症と軽度の知的障害がある。小学生のときから現在まで、向精神薬を飲み続けている。 薬を飲むきっかけとなった音楽祭は、地域を挙げての行事のため、教員たちの指導にも熱が入る。音が合っていなかったり、やる気のない子どもがいたりすると、全員が連帯責任で怒られた。練習は半年の間、毎日続いた。 それまで家でも学校でも大きなトラブルがなかった娘だが、ストレスから練習中に泣いたり、パニックを起こしたりするようになった。こうした状況をかかりつけの精神科医に相談すると、「不安を取り除くリスパダールを出そう」と言われた。 リスパダールは、主に大人の統合失調症の治療に用いられる向精神薬だ。2016年からは小児の自閉症患者にも用いられるようになったが、当時はまだ認められていなかった。 薬を飲むようになっても、娘に大きな変化はなかった。結局、教師の提案で音楽祭の練習時間を短くしてもらい、本番も出場することができた。音楽祭で歌う娘の姿に涙が出たという吉田さんだが、「いま思えば、音楽祭なんて出なくてもよかった」と当時を振り返る。 「みんなと一緒に出場する娘の姿を見たいという気持ちもありました。音楽祭が終わったとき、薬をやめるべきだったのに、ずるずると飲ませてしまった。ずっと後悔しています」 娘が中学に進学したとき、薬の量と種類が増えた。娘の症状に何か変化があったというわけでない。医師が言うには、「体が大きくなった」「中学で環境が変わるから」というのが理由だ。これまで飲んでいたリスパダールが増量され、新たにADHD(注意欠陥・多動性障害)の患者に用いられるコンサータが処方された。 当時、吉田さんから見れば、薬を飲んでいても飲んでいなくても、娘の様子に変化はなかった。しかし、学校からは服薬について指摘されるようになった。 →.現在26歳の娘について、吉田京子さん(仮名)はこう振り返る。吉田さんの娘は発達障害の1つである自閉症と軽度の知的障害がある。小学生のときから現在まで、向精神薬を飲み続けている。 薬を飲むきっかけとなった音楽祭は、地域を挙げての行事のため、教員たちの指導にも熱が入る。音が合っていなかったり、やる気のない子どもがいたりすると、全員が連帯責任で怒られた。練習は半年の間、毎日続いた。 それまで家でも学校でも大きなトラブルがなかった娘だが、ストレスから練習中に泣いたり、パニックを起こしたりするようになった。こうした状況をかかりつけの精神科医に相談すると、「不安を取り除くリスパダールを出そう」と言われた。 リスパダールは、主に大人の統合失調症の治療に用いられる向精神薬だ。2016年からは小児の自閉症患者にも用いられるようになったが、当時はまだ認められていなかった。 薬を飲むようになっても、娘に大きな変化はなかった。結局、教師の提案で音楽祭の練習時間を短くしてもらい、本番も出場することができた。音楽祭で歌う娘の姿に涙が出たという吉田さんだが、「いま思えば、音楽祭なんて出なくてもよかった」と当時を振り返る。 「みんなと一緒に出場する娘の姿を見たいという気持ちもありました。音楽祭が終わったとき、薬をやめるべきだったのに、ずるずると飲ませてしまった。ずっと後悔しています」 娘が中学に進学したとき、薬の量と種類が増えた。娘の症状に何か変化があったというわけでない。医師が言うには、「体が大きくなった」「中学で環境が変わるから」というのが理由だ。これまで飲んでいたリスパダールが増量され、新たにADHD(注意欠陥・多動性障害)の患者に用いられるコンサータが処方された。 当時、吉田さんから見れば、薬を飲んでいても飲んでいなくても、娘の様子に変化はなかった。しかし、学校からは服薬について指摘されるようになった。 →.