低価格ローグライクアクション『Vampire Survivors』がSteamで人気沸騰。中毒性が高いとして - AUTOMATON

【ニュース】低価格ローグライクアクション『Vampire Survivors』がSteamで人気沸騰。中毒性が高いとして

2022/01/18 7:57:00

【ニュース】低価格ローグライクアクション『Vampire Survivors』がSteamで人気沸騰。中毒性が高いとして

低価格かつシンプルな見下ろしアクションゲーム『Vampire Survivors』が、流行の兆しを見せている。本作は、今年に入り突如としてプレイヤー数の大幅増加を見せているのだ。

』が、流行の兆しを見せている。昨年Steamにて早期アクセス配信開始された本作は、今年に入り突如としてプレイヤー数の大幅増加を見せているのだ。その背景には、本作の魅力とインフルエンサーによる紹介があったようだ。『Vampire Survivors』は見下ろし視点のアクションゲームだ。「死ぬとほぼ一からやり直し」「武器や能力はランダムなラインナップから選ぶ」など、近年のいわゆるローグライク作品によく見られるシステムを導入している。操作は至ってシンプルで、キーボードやコントローラーを用いたキャラクターの移動のみ。つまり片手で遊べてしまうのである。ゲームを開始すると、プレイヤーには大量のモンスターが群がってくる。プレイヤーは群れをいなしつつ、一定間隔で発動する攻撃をうまくヒットさせて敵を倒していく。キャラクターには複数種類があり、開始直後は既視感ある「ムチを武器とするヴァンパイアハンター」を選択することになる。最初はキャラの左右一方にしか攻撃できず、大量の群れに対するには心もとない。

本作の魅力は、プレイヤーパワーのインフレにある。レベルアップや敵が落とす宝箱によって、短剣・オノ・聖水などのパワーアップを累積して獲得できる。また、パワーアップが重複すれば、ムチは左右広範囲を切り裂き、聖水は爆撃のごとく空から降り注ぎ、短剣はマシンガンのように発射される。どんどん膨れがっていく敵の群れに対して、こちらも歩く災害のような殺戮マシンと化して対抗していくのだ。キャラがやられると全武器・アビリティが失われるものの、ステージで拾った金貨で周回をまたぐ恒久的なアップグレードも可能。プレイごとに新しいキャラや武器・能力もアンロックされ、ついつい次の周回に突入してしまう。シンプルながら強い中毒性をもった作品だ。また、300円という価格設定も手軽に楽しめて嬉しい点だ。

続きを読む: AUTOMATON(オートマトン) »

「人生で一番クレイジーな日」 英ロンドンで地下鉄新線「エリザベス線」が開通 - BBCニュース

英ロンドンで24日、地下鉄の新路線「エリザベス線」の一部区間が、当初の予定から3年以上遅れて開通した。 続きを読む >>

PC版『ゴッド・オブ・ウォー』Steamにて「圧倒的に好評」を獲得するなど高評価。移植の品質が絶賛される - AUTOMATONソニー・インタラクティブエンタテインメントは1月15日、『ゴッド・オブ・ウォー』のPC版をSteam/Epic Gamesストアにて配信した。本作は、Steamのユーザーレビューにて「圧倒的に好評」を獲得するなど、さっそく高評価を得ているようだ。

戦争MMO『Foxhole』にて多数の”補給兵”たちがストライキ。組合を結成し抗議する、戦場の物資運び人 - AUTOMATONSteamで早期アクセス配信中の戦争MMO『Foxhole』にて、物流を担う一部プレイヤーが“組合”を結成しストライキを実行しているようだ。本作で物流は重要要素である。

武器奪い探索アクション『NECROTOPIA』Steamストアページ公開、2月23日リリース予定。拾った武器を腕代わりに戦う - AUTOMATONday-to-day managementは1月15日、『NECROTOPIA』のSteamストアページを公開した。『NECROTOPIA』は、腕を付け替えながら創造主の元を目指す、ツギハギ探索アクションゲームである。 これ、大糞赤子では?

Nintendo Switch 新作姫ゲーは性表現特化。『FF14』の「万魔殿パンデモニウム零式:辺獄編」を初週踏破。『Covid Simulator』が恐ろしい。今週のゲーミング - AUTOMATON【Now Gaming】Nintendo Switch 新作姫ゲーは性表現特化。『FF14』の「万魔殿パンデモニウム零式:辺獄編」を初週踏破。『Covid Simulator』が恐ろしい。今週のゲーミング

海外ゲーム開発者たちは、どのようにゲーム業界に入っているのか?意外なスタート地点あり、十人十色なキャリアの始め方 - AUTOMATON海外の業界関係者による「どうやってゲーム業界に入ったか」談義が盛り上がっているようだ。真面目な来歴からおもしろ採用過程まで、さまざまな体験談が寄せられている。

『FF7リメイク』シナリオ手がける野島一成氏、「自身の発言が商品に影響が出ること」を恐れる。関わった作品について今後コメントしない - AUTOMATONシナリオライターの野島一成氏は1月16日、自身のTwitterアカウント上で、心中を吐露した。『FF7リメイク』などについて発信を今後しないという。クリエイターたちが個人で意見を発信する難しさ。 昔は発売されたゲームをただ楽しむだけだったけど、今は制作中のゲームや制作してほしいゲームについて開発者にあれこれ注文つけたりできる状況だからなぁ。 ユーザーに近すぎるのも足枷になっちゃうよね。 This is what happens when some self important disrespectful person keeps harassing creator in the process of creating 'suggesting' things the creator should or shouldn't do. It's like a customer 'suggesting' the chef to do things when cooking 記事を読む前は「そんなん作品を作ってるんだから当たり前だろ」と思ったが、個人的なツイートにも作品に関連したリプ返されたら溜まったもんじゃないな。 これは至る業界で言われていることだが、作家ってのは作品に関連する事以外SNSに投稿してはならんのかね。それも狭っ苦しい感じがするんだが。

Vampire Survivors 』が、流行の兆しを見せている。昨年Steamにて早期アクセス配信開始された本作は、今年に入り突如としてプレイヤー数の大幅増加を見せているのだ。その背景には、本作の魅力とインフルエンサーによる紹介があったようだ。 『Vampire Survivors』は見下ろし視点のアクションゲームだ。「死ぬとほぼ一からやり直し」「武器や能力はランダムなラインナップから選ぶ」など、近年のいわゆるローグライク作品によく見られるシステムを導入している。操作は至ってシンプルで、キーボードやコントローラーを用いたキャラクターの移動のみ。つまり片手で遊べてしまうのである。ゲームを開始すると、プレイヤーには大量のモンスターが群がってくる。プレイヤーは群れをいなしつつ、一定間隔で発動する攻撃をうまくヒットさせて敵を倒していく。キャラクターには複数種類があり、開始直後は既視感ある「ムチを武器とするヴァンパイアハンター」を選択することになる。最初はキャラの左右一方にしか攻撃できず、大量の群れに対するには心もとない。 本作の魅力は、プレイヤーパワーのインフレにある。レベルアップや敵が落とす宝箱によって、短剣・オノ・聖水などのパワーアップを累積して獲得できる。また、パワーアップが重複すれば、ムチは左右広範囲を切り裂き、聖水は爆撃のごとく空から降り注ぎ、短剣はマシンガンのように発射される。どんどん膨れがっていく敵の群れに対して、こちらも歩く災害のような殺戮マシンと化して対抗していくのだ。キャラがやられると全武器・アビリティが失われるものの、ステージで拾った金貨で周回をまたぐ恒久的なアップグレードも可能。プレイごとに新しいキャラや武器・能力もアンロックされ、ついつい次の周回に突入してしまう。シンプルながら強い中毒性をもった作品だ。また、300円という価格設定も手軽に楽しめて嬉しい点だ。 『Vampire Survivors』は、昨年12月17日にSteamにて早期アクセス配信を開始。リリース後は10人ほどのユーザーが触れるに留まっていた。しかし、今年1月6日前後より突如としてプレイヤー人口が増加傾向を見せた。以降、本作を楽しむプレイヤーは右肩上がりに増え続け、現在はピーク時で8000人に迫るSteam同時接続プレイヤー数を記録している(