会社にとって利益は「空気」。ゴールじゃない(ベン・ホロウィッツ):Meet the Legend

2022/05/15 21:25:00

ヘヴィーウェイトのビジネスマン。ベン・ホロウィッツの形容としてこれ以上にふさわしい言葉はない。重量級の苦労人なのだ。(アーカイブ記事)

グッドカンパニー / Good Company, Meet The Legend

ヘヴィーウェイトのビジネスマン。ベン・ホロウィッツの形容としてこれ以上にふさわしい言葉はない。重量級の苦労人なのだ。(アーカイブ記事)

「会社にとって利益は空気のようなもの。それがなくては死んでしまうが、人は空気を吸うために生きているわけじゃない。会社もそれと同じだろう」。本誌 VOL.23 「Good Company」特集のきっかけのひとつが、シリコンヴァレーの大物VC・ベン・ホロウィッツの言葉だった。会社とはいったい何のため、誰のためのものなのか? ビジネスというリングで闘い続けてきた男が語る「会社論」。(『WIRED』 VOL.19 より転載)

ビジネスとミッションは両立できる! VOL.23「いい会社」 特集アメリカのヴェンチャーキャピタル(VC)で「アンドリーセン・ホロウィッツ」と言えば、シリコンヴァレーのビジネスシーンにさほど詳しくない人でも、名前くらいは聞いたことあるのではないか。前者のマーク・アンドリーセンといえば、20歳そこそこで、世界初の商用インターネット・ブラウザ「Mosaic」を開発し、その後、Netscapeを世に送り出したことでも知られるIT史に燦然と輝くレジェンドだ。で、その相棒であるところのベン・ホロウィッツはといえば…ん? あれ? なにしてた人なんだっけ? と答えに詰まってしまう人も多いに違いない。一部には、シリコンヴァレー随一のヒップホップ好きとしても名高いが、全米最強とされるVCの経歴と「実際何が凄いわけ?」といったあたり、案外おぼろげにしか伝わってきていないのが実際なのかもしれない。かく言うわたしもそうだった。

しかし、いまは違う。ベン・ホロウィッツが、アメリカで最も信頼に足るVCであることに異論の余地はないと思っている。なんといっても、まずは、ここに掲載したポートレイトをじっくりと眺めてほしい。どうよ、このタフな面構え。ファインダー越しに彼の表情に迫った写真家T氏は、「ヘヴィーウェイトボクサーみたいですね」とコメントする。そう。ヘヴィーウェイトのビジネスマン。ベン・ホロウィッツの形容としてこれ以上にふさわしい言葉はない。重量級の苦労人なのだ。ドットコムバブルの時代から10年以上にわたって、NetscapeからLoudCloud、Opswareといったスタートアップの経営に携わった彼が直面してきた艱難辛苦の数々は、スタートアップが決して夢物語ではないことを教えてくれる。コストカット、レイオフ、倒産を目前にした資金繰り、競合との暗闘、裏切り、疑心暗鬼、不眠、孤独、狂気…ホロウィッツは、自著『

続きを読む:
WIRED.jp »

店内包む「木彫りの熊」千点 東京・歌舞伎町に北海道レストラン:北海道新聞 どうしん電子版

北海道土産の定番「木彫りの熊」を千点飾った個性的な北海道レストラン「KIBORI(キボリ)」が30日、日本最大の歓楽街、東京・新宿歌舞伎町1丁目にオープンする。木彫りの熊に囲まれた北海道らしい雰囲気... 続きを読む >>

日本でのマスク着用は「空気」次第 国家権力者すら逆らえない - トピックス|Infoseekニュース日本で対コロナ感染対策が広く実施されるようになって3年目を迎えるいま、もうすぐコロナ禍で3回目の夏がやってくる。気【トピックス】

即席チームで優勝を目指す! 「Apex Legends」のカジュアルイベント「えぺまつり外伝S」が本日18時より開始UUUMは、バトルロイヤルゲーム「Apex Legends」を使用したイベント「えぺまつり外伝S」(えぺまつり外伝スーパー)を、本日5月15日18時より開催する。

\u3010\u9031\u9593PV\u30e9\u30f3\u30ad\u30f3\u30b0\u3011\u300eApex Legends\u300f\u30b7\u30fc\u30ba\u30f313\u306e\u95a2\u9023\u8a18\u4e8b\u304c\u591a\u6570\u4e0a\u4f4d\u306b\uff01 \u6b66\u5668\uff06\u30e9\u30f3\u30af\u30b7\u30b9\u30c6\u30e0\u306e\u5909\u66f4\u3068\u8abf\u6574\u306b\u4e00\u559c\u4e00\u6182\u3059\u308b\u4eba\u304c\u7d9a\u51fa\u30105\/6\uff5e5\/12\u3011\u30d5\u30a1\u30df\u901a\u30c9\u30c3\u30c8\u30b3\u30e0\u30672022\u5e745\u67086\u65e5\uff5e5\u670812\u65e5\u306b\u63b2\u8f09\u3057\u305f\u8a18\u4e8b\u306e\u9031\u9593\u30da\u30fc\u30b8\u30d3\u30e5\u30fc\uff08PV\uff09\u30e9\u30f3\u30ad\u30f3\u30b0TOP10\u3092\u304a\u5c4a\u3051\u3002

www.[%=update_time.結論見届け人:おにや 【参加者 ※敬称略】 天月/恭一郎/そらる/常闇トワ/よしなま/SHAKA/TIE_Ru/渋谷ハル/Ras/NIRU/V.楽しかったゴールデンウィークも終わり、つぎの3連休が7月中旬までないことに絶望感を感じながら過ごした今週、もっとも注目を集めたのは『Apex Legends』の記事でした。 5月11日(日本時間)に開幕したシーズン13のパッチノートを紹介した記事が、見事1位を獲得。今シーズンは武器の変更や調整がとくに目立つところで、スピットファイアが通常武器に戻ってきて歓喜した人が多いのではないのでしょうか。しかし、その影ではマスティフがケアパッケージ武器、R301とランページはクラフト武器となり、涙を流した人も多いはず(筆者はマスティフがケアパケ武器になって枕を濡らしてました)。 また、8位にはシーズン13の最新情報をまとめた記事、9位には新レジェンド“ニューキャッスル”の能力&開発インタビューの記事がランクインしており、新シーズンの開幕を前に多くの人が注目していたことがうかがえます。SNSでは、ランクシステムの変更も話題になっていた印象を受けました。 2位を獲得したのは、アニメ『 』の新キービジュアルが公開された記事。サトシやダンデ、各地方のチャンピオンたち強者が並ぶビジュアルは、ただただカッコいい! アニメ『ポケットモンスター』は、テレビ東京系にて毎週金曜18時55分から放送中です。 『遊戯王 マスターデュエル』に新環境が到来!.

bhorowitz.com ビジネスとミッションは両立できる! VOL.month %]月[%=update_time.23「いい会社」 特集 アメリカのヴェンチャーキャピタル(VC)で「アンドリーセン・ホロウィッツ」と言えば、シリコンヴァレーのビジネスシーンにさほど詳しくない人でも、名前くらいは聞いたことあるのではないか。前者のマーク・アンドリーセンといえば、20歳そこそこで、世界初の商用インターネット・ブラウザ「Mosaic」を開発し、その後、Netscapeを世に送り出したことでも知られるIT史に燦然と輝くレジェンドだ。 で、その相棒であるところのベン・ホロウィッツはといえば…ん? あれ? なにしてた人なんだっけ? と答えに詰まってしまう人も多いに違いない。一部には、シリコンヴァレー随一のヒップホップ好きとしても名高いが、全米最強とされるVCの経歴と「実際何が凄いわけ?」といったあたり、案外おぼろげにしか伝わってきていないのが実際なのかもしれない。かく言うわたしもそうだった。 しかし、いまは違う。ベン・ホロウィッツが、アメリカで最も信頼に足るVCであることに異論の余地はないと思っている。なんといっても、まずは、ここに掲載したポートレイトをじっくりと眺めてほしい。どうよ、このタフな面構え。ファインダー越しに彼の表情に迫った写真家T氏は、「ヘヴィーウェイトボクサーみたいですね」とコメントする。 そう。ヘヴィーウェイトのビジネスマン。ベン・ホロウィッツの形容としてこれ以上にふさわしい言葉はない。重量級の苦労人なのだ。 ドットコムバブルの時代から10年以上にわたって、NetscapeからLoudCloud、Opswareといったスタートアップの経営に携わった彼が直面してきた艱難辛苦の数々は、スタートアップが決して夢物語ではないことを教えてくれる。コストカット、レイオフ、倒産を目前にした資金繰り、競合との暗闘、裏切り、疑心暗鬼、不眠、孤独、狂気…ホロウィッツは、自著『 』のなかで、一見華やかなITビジネスの裏側のおおっぴらに語られることの少ないリアルな現実を、赤裸々に語っている。それはITビジネスというリングで、ぼこぼこになるまでパンチを浴び続け、それでもダウンを奪われることのなかった男のサヴァイヴァル譚だ。 数ページを繰っただけで胃が痛くなり、読み終えるころには、誰しもが「CEOになんかなるもんじゃない」と心に固く誓ってページを置くことになるだろう。「忠実な部下にいかにクビを宣告するか」「大量解雇をする際、全社会議ではどう振る舞うべきか」等々、本書でホロウィッツは、苦境におけるCEOの仕事のノウハウを惜しげもなく伝授するが、それらは、CEOならずとも、ひとりでも部下をもったことのあるビジネス人ならば、いちいち身につまされる内容だ。 「ビジネスはそんなに甘くない」。この男にそう言われたなら、きっと、どんな夢見がちな起業家だって黙って頭を垂れ、襟を正すに違いない。 しかしながら、ガチガチの緊張のなかで、相まみえたホロウィッツ本人は、いたって穏やかな人物だった。とっつきづらい皮肉屋を勝手に想像していたけれど、シリコンヴァレーのヘヴィーウェイトは、どこか伸びやかな明るさを感じさせる。 誠実さ。『ハード・シングス』のなかで、彼は確かに、そのことに言及していたっけ。ビジネスは、自分の全人格を賭けて戦うもの。そう彼は静かに語る。 ──最初に、LoudCloudのCEOになったとき、自分にどんなことが待っていると想像していましたか? 簡単だとまでは思わなかったにしても、ここまで過酷な日々が待っているとは思わなかったのではないですか? BH :何が起こるかまったく予想もしてませんでした。わたしたちが会社を始めたころ、かつて、シティグループの経営に携わっていたジョン・リードにこう言われたことがあります。「ベン、会社を始める理由はただひとつ、とにかくそうしたいという不合理な欲求があるからだよ」と。経営者は割に合わない商売なんです。実際に体験してみて、それが正しいとわかりました。 確かにそれなりの稼ぎはありましたが、それでも割には合いません。ですから、起業するためには、何か別の理由が必要なんです。そう思うと、ジョンの言葉はいままでもらったなかでも最高の言葉のひとつです。理不尽に欲求に従っただけなんです。でも、それをわたしがほかの人に言っても、あまり信じてもらえないんです。自分でCEOを何年もやってみてはじめて、彼が正しかった、とわかるものなんです。もちろん、自分が遭ったような目に遭うとわかっていたら、やらなかったですよ(笑)。 ──もし生まれ変われたとしたら、どんな人生を送りたいですか? :わたしの友人であるNasに、こう言われたことがあります。「ベン、君はぼくによく似ている。クリエイティヴなんだ」と。鋭い指摘だったと思っています。CEO稼業がわたしにキツかった理由のひとつは、わたしが、人を率いて何か成し遂げることよりも、ひとりで何かをつくりあげることのほうが向いていたからだと思うんです。 ですから『ハード・シングス』を書き上げることは、自分には案外楽な作業でした。「本を書くの、大変だったでしょう」とよく言われるんですが、CEOでいるよりよっぽど楽でした。もし生まれ変わるとしたら、自分のそういうところに目を向けていきたいですね。 ──ベンさんは、ヒップホップ好きとしても知られていますが、昔から好きだったんですか? それとも、CEOの経験を通じて徐々に好きになっていったのですか? BH :ヒップホップ好きは昔からです。ヒップホップが勃興したころに、ちょうどニューヨークにいたんです。そのころは、おそらくは、まるでビートルズが出てきたころのリヴァプールのようにとてもエキサイティングでした。ヒップホップの面白いところは、ほかの音楽と違って、アーティストが自分自身をビジネスマンであると考えているところです。ラップの内容もビジネスを始めることだったり、誰かと競うことだったり、目標を達成する途中でぶつかる問題だったりします。そういうものは、例えばロックでは歌われないですよね。ビジネス上のachievementや、その労苦について歌うロックってあまりないじゃないですか(笑)。 マネジメントでいちばん難しいのは感情の部分なんです。論理的に処理できるところは実際には、そんなに難しくないんです。誰かが、その仕事に適していないと察することは、さほど難しいことではありませんが、そのことを本人に話すのは難しく辛いものです。ヒップホップのいいところは、そうしたことについて教えてくれるところです。 『ハード・シングス』のなかには、「親友を降格させるとき」という節があります。そこで引用したのはJay-Zの歌です。この曲は、「俺たち友達だよな。最高だよな。全部うまくいってたよな」って感じだったのが突然変わってしまったことを歌っています。君は本当にいいやつで、裏切ったりはしないよな?と。状況は違えど、そうした局面において感じる苛立ちや怒りや悲しみが、自分だけのものではないということをこの歌は教えてくれます。自分がおかしいわけではない、と。みんながみんなヒップホップに共感するわけではないでしょうが、多くの人がそこが『ハード・シングス』における重要なパートだと考えていることには驚きました。 『 .K/まつたす Amazonで購入.