伊藤ハム 再び ほぼすべての自社製品 3%から30%の値上げへ | NHK

2022/07/05 11:22:00

【NHK】「伊藤ハム」は、豚肉や牛肉などの原材料の価格高騰のため、ことし3月に続いて、10月にもハムやソーセージなどほぼすべての自…

Nhk_ Video

“ハムやソーセージも・・・” 「伊藤ハム」は、豚肉や牛肉などの原材料の価格高騰のため、ことし3月に続いて、10月にもほぼすべての自社製品について、内容量を減らしたり、値上げしたりすると発表しました。 nhk_video

【NHK】「伊藤ハム」は、豚肉や牛肉などの原材料の価格高騰のため、ことし3月に続いて、10月にもハムやソーセージなどほぼすべての自…

2022年7月5日 15時04分「伊藤ハム」は、豚肉や牛肉などの原材料の価格高騰のため、ことし3月に続いて、10月にもハムやソーセージなどほぼすべての自社製品について、内容量を減らしたり、値上げしたりすると発表しました。日本ハムも先週、値上げを発表するなど、原材料の価格高騰の影響が広がっています。続きを読む発表によりますと、「伊藤ハム」は、スーパーなどと共同で開発する商品を除く221品目の自社商品について、ことし10月1日から商品の容量を減らしたり、納品する際の価格を引き上げたりするということです。

値上げ幅は3%から30%で、このうち主力商品の「グランドアルトバイエルン」は価格を据え置いたまま容量を減らし、1袋当たり127グラムから120グラムにするということです。また、「朝のフレッシュロースハム」は、3連パックの希望小売価格を320円から330円に引き上げるということです。会社では、すでに、ことし3月からすべての自社商品について値上げを行いましたが、原材料の価格高騰が続き、今後も上昇が見込まれるとして、再度の値上げを決めたということです。

続きを読む: NHKニュース »

倒した敵に“変身”して進むソウルライク2Dアクションゲーム『BIOMORPH』2023年に発売決定。相手のスキルを使った戦闘や通常ではたどり着けない場所への移動が可能

開発元のLuvid Dreams Studioは8月10日(水)、2Dアクションゲーム『BIOMORPH』を発表した。 続きを読む >>

肥料・飼料を輸入に頼っているから値上げになるのでしょう。 日本の畜産業はアメリカ方式からヨーロッパ方式に変えるべきでは? 伊藤社長の 女性紹介のアテンド代で 商品の値上げですか?

ハムやソーセージ再値上げ 10月から最大30%―伊藤ハム:時事ドットコム伊藤ハム(兵庫県西宮市)は5日、ハムやソーセージなど221品目について、納品価格や内容量の変更により、10月1日納品分から実質的に3~30%値上げすると発表した。ウクライナ情勢や円安の進行で豚肉などの原料価格が高騰しているため。値上げは3月以来、今年2回目。 主力ソーセージ「グランドアルトバイエルン」は価格を据え置いた上、127グラムから120グラムに減らす。「朝のフレッシュロースハム」は3%値上げする。 また、グループ会社の米久(静岡県沼津市)も、ソーセージ「御殿場高原あらびきポーク」など70… ozawa_jimusho 普通の政府は対策を事前に打つ。聞いてるだけ、緊張感を持って「支持率」を注視していては手遅れ。後追い対策は保身の為の愚策、予算の浪費、全く国民の役に立たない。

伊藤ハム、221品目の価格引き上げ…主力のアルトバイエルンは「実質値上げ」 - トピックス|Infoseekニュース伊藤ハムは5日、家庭用ハム・ソーセージや加工食品など計221品目の納品価格を10月1日から引き上げると発表した。3【トピックス】

伊藤ハム、221品目の価格引き上げ…主力のアルトバイエルンは「実質値上げ」伊藤ハムは5日、家庭用ハム・ソーセージや加工食品など計221品目の納品価格を10月1日から引き上げると発表した。3月にも値上げしていたが、原材料やエネルギー価格の上昇が続いているため、再び価格を引き上げることにした。 >「グランドアルトバイエルン」は内容量を127グラムから120グラムに減らし、参考小売価格は税別550円に据え置く。 こうするなら2袋セットやめて1袋ずつ売るようにしたほうが安く見えるし買いやすい

伊藤ハム、221品目値上げ 10月、ソーセージなど | 共同通信伊藤ハムは5日、ハム・ソーセージや調理加工食品221品目について10月1日から内容量を減らす実質値上...

伊藤ハム米久HD ハムやソーセージ“価格改定”へ伊藤ハム米久ホールディングスは、ハムやソーセージなど家庭用商品199品目を、10月1日の納品分以降、価格を引き上げたり内容量を減らしたりすると発表しました。改定率は約3%から30%で、3月に引き続き、今年2回目の値上げです。

プリマなどハム大手相次ぎ再値上げ、最大約3割-原料価格高騰や円安原材料価格や物流費の高騰、円安などを背景に、ハム大手は相次ぎ再値上げに踏み切っている。伊藤ハムは5日、10月1日からハム・ソーセージと調理加工食品の納品価格を3%から30%引き上げると発表した。値上げは3月に続くもので、豚肉や小麦粉などの価格高騰や、燃料価格上昇によるエネルギーコスト上昇などが理由。

伊藤ハム 再び ほぼすべての自社製品 3%から30%の値上げへ 2022年7月5日 15時04分 「伊藤ハム」は、豚肉や牛肉などの原材料の価格高騰のため、ことし3月に続いて、10月にもハムやソーセージなどほぼすべての自社製品について、内容量を減らしたり、値上げしたりすると発表しました。日本ハムも先週、値上げを発表するなど、原材料の価格高騰の影響が広がっています。 続きを読む 発表によりますと、「伊藤ハム」は、スーパーなどと共同で開発する商品を除く221品目の自社商品について、ことし10月1日から商品の容量を減らしたり、納品する際の価格を引き上げたりするということです。 値上げ幅は3%から30%で、このうち主力商品の「グランドアルトバイエルン」は価格を据え置いたまま容量を減らし、1袋当たり127グラムから120グラムにするということです。 また、「朝のフレッシュロースハム」は、3連パックの希望小売価格を320円から330円に引き上げるということです。 会社では、すでに、ことし3月からすべての自社商品について値上げを行いましたが、原材料の価格高騰が続き、今後も上昇が見込まれるとして、再度の値上げを決めたということです。 食品業界では、日本ハムも先週、内容量を減らしたり、値上げしたりすることを発表しており、原材料の価格高騰に伴って、値上げの動きが広がっています。 .伊藤ハム(兵庫県西宮市)は5日、ハムやソーセージなど221品目について、納品価格や内容量の変更により、10月1日納品分から実質的に3~30%値上げすると発表した。ウクライナ情勢や円安の進行で豚肉などの原料価格が高騰しているため。値上げは3月以来、今年2回目。 主力ソーセージ「グランドアルトバイエルン」は価格を据え置いた上、127グラムから120グラムに減らす。「朝のフレッシュロースハム」は3%値上げする。 また、グループ会社の米久(静岡県沼津市)も、ソーセージ「御殿場高原あらびきポーク」など70品目を10月1日から値上げする。.[%=update_time.値上げ幅は3~30%で、一部の商品は価格を据え置いた上で内容量を減らす「実質値上げ」とする。主力商品では、ソーセージ「グランドアルトバイエルン」は内容量を127グラムから120グラムに減らし、参考小売価格は税別550円に据え置く。.