付加価値生む人材乏しく 博士号取得、欧米の半分以下

付加価値生む人材乏しく 博士号取得、欧米の半分以下

2021/10/17 21:47:00

付加価値生む人材乏しく 博士号取得、欧米の半分以下

人口減少の制約を超えて成長を続けるにはイノベーションにつながる発想が欠かせない。日本は高い付加価値を生み出せる人材の育成で世界に後れを取る。博士号の取得者は欧米の半分以下の水準にとどまる。未来への投資を怠れば停滞は避けられない。国の成長の礎となる教育・研究の針路を探り直す必要がある。「日本の教育をどう改善するか、考えてほしい」。2021年のノーベル物理学賞を受賞する米プリンストン大学の真鍋淑郎

続きを読む: 日本経済新聞 電子版 »

寒さ苦手なカピバラに温かい「ゆず湯」をプレゼント 石川 能美 | NHKニュース

【NHK】本格的な冬の訪れを前に石川県能美市の動物園では、寒さが苦手なカピバラにあたたかい「ゆず湯」がプレゼントされました。

そもそも博士号=付加価値では無い気がする。 人材を育成しても海外へ行くような環境だから意味ないと思う。頑張っても報われない体制が問題なのよ。 取り巻く環境国と企業と大学で 変えないと、日本の衰退に歯止めがかからない。 日本はーーー世界に劣ってるキャンペーン。 博士号取得したって企業がそもそもそんな人材望んでいないのに数だけ増やしても意味ないじゃん。ただでさえ就職が厳しいのに。日本の経営者が目先の利益優先で経営してるうちは無理だよ。アメリカみたいに研究と人材にもっと金を使うようにならないと意味ない。 日本の経営者がバカだから使いこなせないんだよ 実際、高学歴って会社でも使えない人間が多いからね。頭でっかちで理屈っぽくプライドだけは高いし。

修士や博士は取得するとなぜか雇われにくくなるし、雇われたとしても安く買い叩かれるからな。 増えるわけがない。 だって日本で博士持ってたってメリットないですもん。 博士号取得者のレベルを理解できない人が多く、経営者が彼らを馬鹿にしたり、冷やかしたりする会社が多い。 今後は、博士号取得者を呼ぶときは、必ず「***博士」あるいは「Dr. ***」というようにすべきだろう。 付加価値付けてもトヨタみたいなのにパクられて中国に下請け出されるのがオチだからな

日本は記憶力が良い人。 海外は頭が良い人。 記事のタイトル通り、市場価値が低いだけ。 これが自民党政治の結果 特に日本の文系大学が長らく学びの最終学府としての機能を喪失してしまっている状態で、「更に無為な数年間を選択した」学生の価値観や職業観に厳しい生存競争を強いられている企業が疑問を持つのは極めて合理的だと思うな。 知的好奇心に基づく研究は、幼稚でガキのする事だと考える人が組織で権限を持つことが多くなっている。研究ロードマップを作成させ、目標数値を入れてガチガチに管理。こんな環境でイノベーションなんて起こるはずもない。日本の研究現場はどんどん偏狭になっている。 企業が使いこなせていない、処遇も改善されない。

日本は企業に入れば高卒も院卒も同じ新入社員として選手スタートし、企業で頑張れば出世するし何も博士号取得者である必要はない。外国では博士号取得者は最初から優遇され取得するメリットがある。 博士増やしたのに企業が雇わなかったからじゃん。。 博士一万人計画と高学歴フリーター問題は無かったことになってるのか? しっかりしろよ日経。。 研究教育機関の金さんざん削ってればそりゃな 中央銀行総裁、日本はドクター持ってないから肩身が狭いっていってた。 優秀な人のみ支援する体制では無理なのでは。

企業の研究者としての適性ゼロであることが博士採用後に露呈した場合に配置転換が難しく、また解雇も困難。だから怖くて採用できないんだよ。結果を出せば優れた給与を得られる代わりに結果を出せないなら解雇可能な雇用制度が新たに必要。 教育への財政支出を絞ったからだろ ちゃんと報道しろよ 日本では博士号の価値がない考えているから博士号がなくてもノーベル賞級の企業研究者が多くいる。外国では就職のための資格。日本では論文博士というイメージであり、特定分野での研究者であり、ジェネラルな会社員としては使えない人たちだね。海外では課程博士で教育水準の高い人たちという認識。 そりゃそうだろ 「出る杭はうつ」 「とにかく批判」 の腐ったマスメディアや クレーマー左派の声ばかり 大きくなる日本じゃな 金だけじゃない 人的環境が日本は悪い 腐ったマスメディア ペンの暴力は麻薬 マスメディアに正義はない 左翼の恐ろしさ 拡散希望

そりゃ博士号取ると企業は敬遠するからね。 教授になりたい人、さらに研究進めたい人しか博士号目指さない。 この前のノーベル賞見ても日本の研究環境が良くないし、研究人の扱いがないがしろにされてるのわかるでしょう。 国策の問題。