今世紀末には1年の半分が夏に? 研究者らが警鐘

  • 📰 cnn_co_jp
  • ⏱ Reading Time:
  • 15 sec. here
  • 2 min. at publisher
  • 📊 Quality Score:
  • News: 9%
  • Publisher: 51%

日本 見出し ニュース

日本 最新ニュース,日本 見出し

地球温暖化で世界各地の夏が長く、冬が短くなり続け、このまま放置すれば今世紀末までに1年の半分が夏になる可能性もあるとの研究結果が発表された。

この期間の平均気温の75パーセンタイルを超えた時期を夏とみなしてモデル化すると、春と夏の始まりは年々早くなり、秋と冬の始まりは遅くなっていることが分かった。約60年の間に、夏の長さは78日から95日に延びていた。研究チームによると、このまま有効な温暖化対策を講じなければ、2100年には11年と比べて春と夏が約1カ月早く始まり、秋と冬は約半月遅く始まるようになる。結果として、1年のうち半分近くが夏、冬は2カ月足らずになると予想される。熱波が長期化し、蚊の媒介する病気がまん延し、花粉アレルギーの季節が長引く可能性がある。穀物の成長も悪影響を受ける恐れがあるという。.

この期間の平均気温の75パーセンタイルを超えた時期を夏とみなしてモデル化すると、春と夏の始まりは年々早くなり、秋と冬の始まりは遅くなっていることが分かった。約60年の間に、夏の長さは78日から95日に延びていた。研究チームによると、このまま有効な温暖化対策を講じなければ、2100年には11年と比べて春と夏が約1カ月早く始まり、秋と冬は約半月遅く始まるようになる。結果として、1年のうち半分近くが夏、冬は2カ月足らずになると予想される。熱波が長期化し、蚊の媒介する病気がまん延し、花粉アレルギーの季節が長引く可能性がある。穀物の成長も悪影響を受ける恐れがあるという。

 

コメントありがとうございます。コメントは審査後に公開されます。

エヴァ

ええーーーっ❗️😱😱😱😱😱

遠すぎてよくわからないや。

地球温暖化は大歓迎と言った 中部大学 武田邦彦 先生

それでも、テキサスは大寒波で送油パイプが凍りつく ニューヨークは凍結する

このニュースをすぐに読めるように要約しました。ニュースに興味がある場合は、ここで全文を読むことができます。 続きを読む:

 /  🏆 132. in JP

日本 最新ニュース, 日本 見出し

Similar News:他のニュース ソースから収集した、これに似たニュース記事を読むこともできます。