人権無視の防疫措置をした中国で感染者が増え、甘い日本で激減する不思議

<自宅から出ていなくても近所で感染者が出ればPCR検査を受けよと警告が。「中国に...

新型コロナ, 感染者数

2021/12/02 7:50:00

人権無視の防疫措置をした中国で感染者が増え、甘い日本で激減する不思議……<自宅から出ていなくても近所で感染者が出ればPCR検査を受けよと警告が。「中国に学べ」との主張は正しかったのか?> 新型コロナ 中国 感染者数

<自宅から出ていなくても近所で感染者が出ればPCR検査を受けよと警告が。「中国に...

<自宅から出ていなくても近所で感染者が出ればPCR検査を受けよと警告が。「中国に学べ」という主張は正しかったのか?>「時空伴随者」―― SF小説の題名のようなロマンチックな言葉だが、これは中国政府の新型コロナウイルス対策の1つ。健康者と感染者が同じ空間(800×800メートル)に10分以上とどまり、それが14日以内に計30時間以上になると「時空伴随者」と認定され、スマホのアプリがPCR検査を受けよと警告する。四川省成都市の「時空伴随者」は、たった数日で8万2000人を超えた。例えば、ある感染者の自宅が800メートルの範囲内にあれば、ずっと家の中に閉じ籠もっていても「時空伴随者」に認定される。「科学的ではない」と専門家が意見をSNS上に公開したが、直ちに削除された。

Is It Real? When Everyone Looked At The Photo They Worried

ロックダウン、通行規制、住宅街封鎖、強制隔離そして広範囲のPCR検査......という全面的で厳しい防疫措置は、中国人の日常になっている。上海ディズニーランドで感染者が1人現れると、約3万人の入園者全員がPCR検査を受けるまで帰れなかった。感染者が出た東北地方のある団地では、各戸のドアに封印紙が貼られた。ロックダウンを今年だけで5回繰り返した雲南省瑞麗市では、PCR検査を行いすぎたため、1歳半の子供が医者を見ると習慣的に口を開けるようになった。全て政府の「零感染(感染ゼロ)」という方針に従い徹底的な対策が行われているからだ。昨年、世界各国の感染者が急増したとき、中国だけが強制手段で一時的な感染抑制に成功した。「自由や人権より命が大事。日本も中国の徹底したやり方に学べ」と考えた在日中国人や日本人も少なくなかった。

確かに、日本は感染者が1日2万5000人を超えたときでも本当の意味でのロックダウンは行わなかった。中国と比べれば、まるで仏様のように優しい「仏系防疫」だ。ところが、必死に「ゼロ感染」を求める中国で今また感染者が増え、強制措置のなかった日本の感染者数が激減している。ウイルスは政府の強制手段で消えない。消えるのは人間としての尊厳や自由だ。文明社会の防疫は人間性を尊重しながら、ワクチンなどの科学に頼るほうがいい。「中国に学べ」と叫んでいた人たちは、いま何を思うのだろうか。世界の中国への「伴随者」は減る一方だ。 headtopics.com

続きを読む: ニューズウィーク日本版 »

阪神・淡路大震災から27年 地震発生時刻の午前5時46分に黙とう | NHKニュース

【NHK】阪神・淡路大震災から、きょう1月17日で27年です。地震が起きた午前5時46分、神戸市など大きな被害を受けた地域で、遺族…

what🤔 できない ! 中国国民は人権無視に慣れているのだろう。中国には中国のやり方がある。日本には日本のやり方がある。結果は別である。 全体主義の元に個人を統制する国と、個人自ら進んで全体主義を形成する国の違いやろ これは一概に比べられるものじゃない。 中国で人権無視の対策をしなかったら、もっと感染が広がってる。 中国人と日本人を同じように考えるのは間違い。 主張が正しくなかったことは数字で見たら一目瞭然。 だから駄目な国では駄目なんだよ。 中国人を猿呼ばわりする気は無いが 猿相手に効果無かった方法が、人間にも効果無いと論じてるんだが?Newsweekは。 どれだけ馬鹿な主張してるか気付けよ。